« 平成17年5月7日 練習 | トップページ | 平成17年5月13日 テニススクールの練習 »

2005/05/12

平成17年5月8日 練習

本日は、夕方から用事があるため、前半2時間でおいとまする形で、所属しているサークルの練習に参加しました。
コート代理受付を済ませ、しっかりストレッチしてから、時間どおり始まりました。

コートの状況
 日時:平成17年5月8日(日)
 時間帯:13時~15時
 天候:晴れ(暑し。日焼け止めがない~!)
 気温:たぶん23度前後?(カンです。ハードコートは暑いね。)
 風:微風
 コート:ハードコート2面2時間、後、1面2時間(コートの状態は良好)
 ボール:取り混ぜいろいろ(状態は一部良好)

ラケットチョイス&UP
 アップでバックハンドの練習に重点をおきたい。と、心に決めて臨みます。
 本日は、今日切ってしまう予定の、昨日と同じラケットで。
 (プロスタッフ6.0 95inch トアルソン TNT(1.3ゲージ) テンション 53lbs)
 練習は、ストレッチを十分に行ってから始めました。

練習内容:
①UPを兼ねてショートラリー。そして1対1のストローク。
(バックハンドストロークを重点的に練習を約30分。)
②休憩を挟んで、全員で練習。
 最初は全員で練習です。2面あり、人数も多かったので、半数に分かれて練習を行いました。
 (練習内容は共通です)
(1)2対2でのボレー対ストローク
 とりあえず、昨日参加したメンバーもいたことを踏まえ、昨日行ったスクール中級で行っていた練習をそのまま取り入れました。
 注意点は、昨日の内容のとおりです。(ちょっと割愛)

ここで、先ほどの練習状況を踏まえ、ボレー初心者と、打てる人に分かれて練習としました。

(2)2対2でのボレー対ストローク(逆サイド)
 打てる人たちは、先ほどの練習を逆サイドで行いました。

(3)ボレーの基本練習
 対面に分かれて、私を固定として、全員で1対1のボレーを行います。
 できるだけ全員と当たるようにして一人一人スイングのチェックを行います。
 一人だいたい5~7分見当で、アドバイスしながらどんどん打って感覚を養っていきます。
 打てる人はロングボレーにチャレンジしましょう。(ぬるい球はそろそろ卒業しましょう)

基本的な確認事項
球の触る位置
 球を地球に見立てると南半球。オーストラリアを触りましょう。
 楽に遠くに飛ばすことができると思います。
 (野球のホームランバッターも同じことをしていると思います。テレビで確認してみましょう。)
フォアボレー、バックボレー共通
 後足に1で溜めを取り、2で前足を軽く踏み込んで打ちます。
 緩急に対応するために、後足のためでタイミングを掴みます。
 1の溜めを取る際に、ラケットは視界の中から出さないようにしておきます。
 面は厚く当てます。フレームショットの多い方は、腕を振るのではなく、面を合わせる意識を持ちましょう。
バックボレー(片手打ちの方)
 2で踏み込む際に上半身は弓を引くようにして伸びやかに体を使います。力を抜いて厚く当てましょう。
バックボレー(両手打ち)
 フォアと一緒のイメージです。上半身の自由度がある程度制限されるので、しっかり打点に入れるように足を使って体を移動しておきましょう。
ハイボレー(守備的な)
 ラケットの先端に鉤爪がついているつもりで、ボールを引っ掛け落としましょう。
 (上から下に滑り台の角度でスイング)
 ラケットのセット位置は、打点の高さにグリップを持ってくることです。
ローボレー
 上半身はミドルと一緒の動作です。
 1の溜めは一緒です。
 2の前足を踏み込む際に膝を曲げて腰を落とします。その際に、面を上から下に若干下がりながら厚くインパクトするようにしましょう。飛行機がソフトランディングする進入角度で
ボレーのパワーの秘密
 上記の動作により自然に導き出せる「○の○○○」を上手く使うことにあります。
 要するに、サーブもストロークもボレーも一緒です。
 面を厚く当てていれば、自然に球筋がフラット系になることがお分かりいただけると思います。
 私は、下記の点をヒントに、プロのテニスプレーヤの動作を見ていて気が付きました。
  ①会社の上司がある流派の真剣の居合い抜きの師範なのですが、その方に腰を入れるとはこういう事というのを明確に教わったこと
  ②テレビで空手家の方の重い正拳の打ちかたは私の場合はこういうイメージです。を見たこと

③2時間経過後、全員でダブルスの試合形式の練習


練習後の感想&課題
 球出し練習では、ダブルスを楽しむ上で必須となるボレーを練習しておいたほうが良いと考え、そのような練習を行いました。
 人数が多めでしたので、たくさん打てるように考えました。

 バックハンドストロークは、おかげさまで大分打つことができました。
 お付き合いしていただいたお相手のKさんには感謝。
 夕方に用事がなければ試合したかったところですが、またの機会に。

今日はこんなところで。

-------------------------------------------------------------------------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成17年5月7日 練習 | トップページ | 平成17年5月13日 テニススクールの練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/4073943

この記事へのトラックバック一覧です: 平成17年5月8日 練習:

« 平成17年5月7日 練習 | トップページ | 平成17年5月13日 テニススクールの練習 »