« 平成17年9月19日 とあるサークル合宿 | トップページ | 平成17年9月28日 テニススクール練習 »

2005/09/28

平成17年9月23日 練習

本日は、古巣のサークルの練習会に参加しました。
対抗戦の予備日として確保していた11時から17時までの6時間を2面。
存分に試合が楽しめそうです。

コートの状況
 日時:平成17年9月23日(金)
 時間帯:11時~17時
 天候:晴れ(やっぱり暑い。)
 気温:たぶん28度前後?(カンです。)
 風:微風
 コート:オムニコート2面6時間(コートの状態は良好)
 ボール:取り混ぜいろいろ(状態は普通)

ラケットチョイス&UP
 (nPro 98inch パシフィック クラシックガット9ゲージ テンション53lbs)

先日のとあるサークル合宿にて、ガットが切れまして、追加して購入していたラケットのもう一振りを使います。
週末にある仕事の関係上、呼び出しなどがあり、少し送れての参加。ストレッチしてアップ無しでいきなり試合です。
練習試合をどんどん組んでいきます。

当初は人数が少なかったらしく、6ゲーム先取ノーアドで行っていましたが、
人数が増えてきたので、4ゲーム先取に変更して、時間まで試合を組んでいきました。
最終的には15名程?でしたでしょうか。

週末の仕事や私事都合などが立て続けにあり、試合数や内容はすっかり忘れてしまいました。
その中で印象に残っていることを書いてみます。


サーブについて
 前半の2試合ぐらいは久々に凹みました。
 当初、コートのラインなどの位置でトスの位置を確認していたことが、打点のズレにつながり失敗だったようです。
 ジュースサイドがことごとくダブルフォルト、アドサイドが入るような状況でしたので、気が付きました。
 自分が打つ方向に対して足をそろえ、その左足のラケット1つ分左前に上げるようにしたら大分安定してきました。
 それと、トスの高さがまちまちだったので、その点も気をつけました。

 調子が上がってきた後半は、お相手(対戦相手)の調子を見て、サーブやリターンに入るまでのテンポを早めに変えて一気に取ることなどを試していきました。気持ちの緩んだときを逃さず取っていくことも調子が良いときは上手くいきそうです。


バックハンドについて
 今回は、合宿で習ったボレーでのボール回しを念頭に実践練習をするつもりでしたので、リターンはすべてスライスで。
(本来はドライブを打ち練習したいところですが、今日の調子からすると無理かなと判断しました。やはり早めに来てストロークを少ししたかったです。)
 ボールのスピードは緩めにコントロールして繋ぐことを意識していました。
 また、ペアの得手不得手や、相手に前に出てくることをさせないことなども考慮して、自分のリターンの時やサービスの時に、すべて出るのではなく、ほしい時に前に出て行くようにしてみました。

 ボレー全体としては、ローボレーが少し浮き気味になるので、相手のチャンスボールになりやすいようです。この点はスクールでもう一度確認しておこうと思います。

 ハイボレーも気持ちオーバーが多かったような気がします。軽くあわせるだけでよく飛ぶラケットなので、しっかりとアンダースピンのかかったボールを打てるように練習していきたいと思います。


ラケットについて
 ダブルスでボール回しを重視していたので、53程度の感触で適当に玉持ち感が感じられて、タッチはまあこれぐらいで良いかと思います。
 ボレーが気持ち飛ぶラケットなので、しっかり使い込んで感覚を磨いてモノにしていきたいと思います。

 少し試してみたいのが、縦糸55で、横糸を落としたときどうなるかということです。
 ガットの切れたほうを試しに張ってみたいと思います。


今日はこんなところで。
------------------------------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成17年9月19日 とあるサークル合宿 | トップページ | 平成17年9月28日 テニススクール練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/6145719

この記事へのトラックバック一覧です: 平成17年9月23日 練習:

« 平成17年9月19日 とあるサークル合宿 | トップページ | 平成17年9月28日 テニススクール練習 »