« 平成17年11月20日 練習その2 | トップページ | 平成17年11月20日 練習その4 »

2005/11/26

平成17年11月20日 練習その3

本日は4連荘でマラソン練習の日です。
3回目は17:00から。古巣の練習会です。

コートの状況
 日時:平成17年11月20日(日)
 時間帯:17時00分~19時00分 2H
 天候:晴れ(夕方は寒し。日暮れは早し。風は冷たし。)
 気温:たぶん15度前後?
 風:微風
 コート:オムニコート 2面
 ボール:取り混ぜいろいろ(状態は気温の関係上、気持ち抜け気味)

ラケットチョイス&UP
 自分で張りなおしたシンセガットを昨日に引き続き。
 (プロスタッフ6.0 シンプリームNXT1.3mm テンション縦58 横60lbs)
 練習は、ストレッチを十分に行ってから始めました。

練習内容(前回と同様)
(1)UPのショートラリー、ボレーボレー
(2)1面はクロス、もう1面はストレートでロングラリー(約20分)
(3)ダブルスのチャンピオンゲームをジュースサイド1面とアドサイド1面に。
 サーバーが1ポイント取ったら、チャレンジャー側のボレーに。その位置にいたボレーヤーは、チャンピオン側のボレーに。そのボレーヤーはリターンに入ります。
 チャンピオンが勝ったら、チャレンジャー側のミスした方が抜けて交代します。
 チャレンジャー側のボレーヤーがミスしたら、サーバーがその位置に入り、サーバーに新しい人が入ります。
(4)一区切りついたところで、ダブルスのミニゲームをしていきます。
 そして、お時間となりました。


練習後の感想&課題

スマッシュについて
今朝の点を注意して行いました。
①目測のため!?、左手を上げたとき、左手のラインを堺に左に球が来るように。
 そうすることで、体の横向きをリアルタイムに把握し、調整しやすい。
 頭の上に球が来る位置を出しやすい。
②ラケットを握る手を、力を抜いて頭の後ろにセット。
 そうすることで、自然とラケットヘッドが下がった状態で、グリップから引き出して、振り子のようにヘッドを利かせることができる。
③背中を見せるような形で。極端に言えば、腰が少し後ろに向いて、そのまま下半身は後ろを向いて走るような?イメージのステップで。
 そうすることで、さっと下がれるので、ロブに対して最終的な微調整もしやすい。

横向きが出来ていたので、結構後半は無理なくスマッシュが打てていたように思います。
あとは数を練習するのみです。

ストロークについて
ある方にアドバイスを仰ぎ、軽く5分程度ラリーの稽古をつけていただきました。
打点が遅れ気味。今よりも気持ち厚く握って、回転(結果的に軽いワイパー)をかけてほしい。
テイクバックを上半身と後足(軸足の向きだけ)で引こうとせず、前足を前に踏み込むことで体の横向きを作ることで、テイクバックを完了させなさい。
特に、リターンでは球が速いので、パッと横向きを作るという、この点が重要になってくるとのこと。

安定したコースコントロール、回転量、球の深さを会得していきたいと思います。


 つづく。

--------------------------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成17年11月20日 練習その2 | トップページ | 平成17年11月20日 練習その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/7291574

この記事へのトラックバック一覧です: 平成17年11月20日 練習その3:

« 平成17年11月20日 練習その2 | トップページ | 平成17年11月20日 練習その4 »