« 平成18年3月7日 練習 | トップページ | 平成18年3月12日 サークル交流戦 »

2006/03/13

平成18年3月11日 練習

本日はいつものサークルの練習会に参加しました。
夕方は友人の結婚式に出席する予定ですので、午前中はフリー。テニス三昧です。
このところ練習量が減っているので、ストロークを少し練習したいところです。

コートの状況
 日時:平成18年3月11日(土)
 時間帯:9時00分~13時00分 4H
 天候:晴れ(小春日和。)
 気温:たぶん9度前後?
 風:無風
 コート:オムニコート 1面
 ボール:冬場のため空気が抜けてしまっている様子。

ラケットチョイス&UP
 プロスタッフ6.0 95inch パシフィック クラシックガット9ゲージ テンション58lbs
 ストリングは、以前使っていたnProに使っていたものを、わざと再利用しました。
 ストリングのテンションの変化は落ち着いた様子。
 張りはそれなりにあるようです。
 練習は、ストレッチを軽く行ってから始めました。


練習内容
参加者は約6~8名ほど。
ショートラリー、ストロークで20分程度アップ。
そして、練習となりました。

球出し練習
比較的打てる人たちが集まっていたので、ちょいと試合運びに使えるような練習を。
・アプローチ、ローボレー
 練習前に少しワンポイントを。
 昔、スクールでプロの方をお呼びして行われた特別レッスン会にて、福井烈プロのレッスンを受けたときのアプローチのアドバイス。
 アプローチを打つときは、前足に体重を乗せてから打ってください。
 ボレーは、ダブルスで最初から前にいるとき以外は、サービス、リターン、アプローチの何れかを打った後に前に出て行くことになります。ですので、必ずアプローチとセットで練習してください。
 とのこと。

 また、私が普段の練習のときにある方から教わったアドバイスを。
 ボレーに出て行くときは、相手の間を抜くのではなく、相手の膝の高さにスピードコントロールしながらノーバウンドのボールを送ること。
 相手はローで取っているので、必ずボールはネットを越えるためにある程度高く上がってきます。そこを1チャンス逃さずに捕まえていきます。

 浅い球を出して、アプローチショット。そのまま前に出てローボレー、ミドル、ハイなどを深くコントロールして打ちながら前に出るように練習します。
 順番に並びながら打っていきます。
 最初はフォア側からクロスに。1籠終わったところで、バック側も練習します。

・アプローチからボレーに入る練習
 ストローク側に2名、残りの4~5名がアプローチ側に入ります。
 球出し側の1箇所で10球数え終わったら交代していきます。
 主にボレー側がアプローチしてからボレーに入り、コンスタントに深く打つ練習をします。
 ストローク側は出来るだけ繋がるように打ちます。
 余裕があれば、ローを取らせるように打ちます。

・サービス対リターンでのチャンピオンゲーム
 ダブルス半面クロスでチャンピオンゲームです。
 リターン側のチャンピオンに3名。その他の4~5名がサービスです。
 サーバーがポイントを数えておき、そのゲームを取ったらその時のリターンの方と交代します。
 今回は、約1時間半ほどゲームを入れたいので、最初のカウントを15-15から始めます。
 ジュースのときは自己申告で1ポイント又は通常のジュースを。

・最後にダブルスのチャンピオンゲームを行いました。
 試合のときに球出しのときのことを思い出しながら練習できたかな?
 日頃から気をつけてプレーしないとなかなか身につかないことですので、自分自身気をつけていきたいと思います。


練習後の感想&課題

自分の打ち方について
・姿勢が崩れがちなので、腰を落として基本的なモーションを確認する。
・球筋を予測して丁寧に返球する。
・ときに素振りする。
ことに気を配りました。


今日はこんなところで。

--------------------------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成18年3月7日 練習 | トップページ | 平成18年3月12日 サークル交流戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/9060877

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年3月11日 練習:

« 平成18年3月7日 練習 | トップページ | 平成18年3月12日 サークル交流戦 »