« ウィルソン Prostaff 6.0 95inch 破損 | トップページ | 平成18年3月21日 古巣サークル対抗戦 »

2006/03/22

平成18年3月19日 練習

本日はいつものサークルの練習会に参加しました。
夜からですので、やや肌寒く感じます。
熱がりで寒がりの私にはまだコートは手放せません。風が冷たいです。
当初雨が降っていましたので中止かなと思っていましたら、時間に丁度やみました。
オムニだから多少は大丈夫かな?
参加者もまばらでしたが、時間ぴったりにぞろぞろと集まってきまして、予定通り練習することになりました。


コートの状況
 日時:平成18年3月19日(日)
 時間帯:17時00分~21時00分 4H
 天候:曇り(小春日和。)
 気温:たぶん7度前後?
 風:無風
 コート:オムニコート 2面、その後1面
 ボール:ニューボール多し。

ラケットチョイス&UP
 プロスタッフ6.0 95inch シグナムプロ ポリプラズマ テンション52lbs
 DNX10 98inch バボラ エクセルプレミアム テンション58lbs

 ラケットが破損したので、予備のうち1本を使用。ウワサのシグナムプロをチョイス。
 DNX10は、本格的な使用は今日から。多少緩いのが気になります。
 練習は、ストレッチを軽く行ってから始めました。


練習内容
参加者は約8~10名ほど。
今回は打てる人ばかりでした。
ショートラリー、ストロークで30分程度アップ。
そして、サーブ対リターンで練習後は、試合となりました。

・ストローク
 プロスタッフで調子を見るべく練習。
 そして、自分のストローク練習を行いました。
 バックハンドは、まだまだ固めるための安定した練習量と質が必要です。
 浅い球は、アプローチからボレーに入り、ボレー練習を行いました。

・サービス対リターンでのチャンピオンゲーム
 ダブルス半面クロスでチャンピオンゲームです。
 リターン側のチャンピオンに3名。その他の4~5名がサービスです。
 サーバーがポイントを数えておき、そのゲームを取ったらその時のリターンの方と交代します。
 ジュースのときは自己申告で1ポイント又は通常のジュースを。

・ダブルスのチャンピオンゲーム
 ストロークでへばっているのがはっきり分かりました。
 歩いたり走ったりして、基礎体力の向上が必要です。
 ここでくたびれたので、DNX10に切り替えて練習。
 以後はDNX10をずっと使用。ラケットに助けてもらいました。

・シングルスのミニゲーム
 2時間経過後、残ったのは私を含めて、ずっきーとぐっちの3名。
 寒いので、2ゲームマッチで行いました。
 全部で一人あたり5~7ゲームぐらい行ったでしょうか?
 今回は、ずっきーに1度も勝てませんでした。

シングルスのミニゲーム全体としては、
 ・ベースライン上に落ちてくる回転系の球の処理
 ・チャンスでのボレーのミス
 ・バックハンドに集まってきた球の処理(スライスとドライブの打ち分けなど)
 ・ローボレーの処理

 ・最低でも3手目を考えたプレーが出来ていない
 ・相手を前におびき出した後、相手が打ってくるバックハンド側の浅いボールの処理
 ・前におびき出されたときの球の配給、ストレートケア
 ・前に出るときのアプローチとの組み立て

がよくありませんでした。


練習後の感想&課題

自分の打ち方について
・姿勢が崩れがちなので、腰を落として基本的なモーションを確認する。
・球筋を予測して丁寧に返球する。
・ときに素振りする。

打球について
・ストロークがややふかしぎみになる。
・球が軽いようだ。
ラケットをDNX10に変えた関係でしょうか?

ゲームの組み立てについて
・もう少し考えたプレーが出来ないと、簡単にやられてしまいます。
・ワンパターンでもよいので、組み立てプレーの練習を行い、精度を上げること
・フォアのアプローチをしっかり武器に使えるようにすること
・自分のポジション取りをしっかりして、良い打点で打つようにすること
です。

ラケットDNX10について
良い点
・振り遅れることはない。
・引きつけて振りぬきやすい。
・しなる感触が強めに感じるが、そのためか思ったよりストロークの深さがコントロールしやすい。
悪い点
・どうも高めの肩口あたりの打点のストロークやアプローチがふかしぎみになる
・ボレーは浮き気味になる
・バックハンドのスライスが打ちずらい
・ややラケットが軽く打ち負けやすい
・打つ球が軽かったようで、相手に簡単にコントロールされている感じがしました。

その他の点は、それほど感触は悪くありません。
対応としては、
 ・グリップチェンジと面の厚さをもう少し意識する必要があるかもしれません。
 ・ストリングはやや固めの感じにする。
 ・少しトップ気味にウエイトを張ってみたい
と、思います。


シグナムプロ ポリプラズマ について
 ショップ談では、柔らかいとのことでしたが、打ってみると、腰のある中にぐっと包み込むような打球感が。
 太いゲージの影響でしょうか?
 インパクトが強くないと、以外に硬さが目立つと思います。

 21日は試合がありますので、今日の疲れ具合からすると、DNX10をメインに使いそうです。
 ウエイトチューニングと、ストリングの調整をしてみたいと思います。
 20日の夜に近くのショップで、ポリプラズマを入手して張ってみたいと思います。


今日はこんなところで。

--------------------------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« ウィルソン Prostaff 6.0 95inch 破損 | トップページ | 平成18年3月21日 古巣サークル対抗戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/9195160

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年3月19日 練習:

« ウィルソン Prostaff 6.0 95inch 破損 | トップページ | 平成18年3月21日 古巣サークル対抗戦 »