« 平成18年6月2日 練習 | トップページ | 平成18年6月24日 練習 »

2006/06/24

平成18年6月23日 練習

大変ご無沙汰しております。
天候不順や仕事の都合などにより全然練習できていません。
約3週間ぶりです。
先週から約1ヶ月は宿泊で研修ですが、週末には私事都合で帰ってくることにしました。
少しでもボールに触れたいと思い、何とか1時間程度練習する時間に恵まれました。
楽しみです。

コートの状況
 日時:平成18年6月23日(金)
 時間帯:19時30分~21時30分 2H
 天候:曇り
 気温:たぶん20度前後?
 風:強し
 コート:オムニコート 1面
 ボール:状態良し。

ラケットチョイス&UP
 プロケネックス キネティックki5 pse 100inch パシフィックツアーガット16 テンション57lbs
 ストリングはある程度テンションが落ちて落ち着いたようです。
 ですが、まだ硬いかな。
 約1時間ほど遅れての参加。練習は、ストレッチを軽く行ってから始めました。

練習内容
まずは打球感を取り戻すのが先決です。
しっかり潰して打つことを考えていきます。
そこで気をつけたのは、
1.腰の向き
2.ラケットのセット位置
3.打つときの球筋とラケットの軌道のイメージ
4.インパクトの時の打点からボール5個分を押していってしっかりコントロールすることも気をつける
です。
回転をかけようとするとどうも上腕に力みがあるので、引いたときは脇をあけるようにします。

練習メニューは皆様にお任せいたしまして、
今日はとにかくストロークで練習させていただきました。


練習後の感想&課題

いつも最低限やっていることはこれ。
・姿勢が崩れがちなので、腰を落として基本的なモーションを確認する。
・球筋を予測して丁寧に返球する。
ことに気を配りました。

練習後に食事に行きましてテニス談義。
ストリングの張替えのためにラケットを受け取りながら、教えていただいたフォアストロークのコツを忘れないうちに書いておきます。

要するに、
・インパクトの位置はだいたい臍の前。
・インパクトの位置から、ボールを押してそのままラケットを握るグリップが左肩に当たるように振りぬくことです。
 そうすれば自然に何も考えなくとも回転がかかり安定します。
このフォロースルーの感覚を持てれば、何とかなりそうです。

・その時にグリップは握りすぎてはいけません。
 手首や肘などをこねくりだすと、安定しません。ろくなことがありません。

深さのコントロールは、
 ・振りぬくときに腕を大きく伸びやかにすれば深くなります。
 ・コンパクトに打点の位置から壁を作ることが出来るような感じで振りぬけば浅くなります。

きくさんご教授どうもありがとうございました。


後の推敲で私が勝手に思ったこと。
 素振りの姿を拝見したときに、グリップは極端に厚くもなかったようです。
 セミウェスタンがやや厚いぐらいかとお見受けしました。

 左肩のフィニッシュの位置は、高い打点のとき回転が余分に欲しいときは、
  ・左肩の下、腕の付け根にラケットが来るように。
  ・自然な回転が欲しいときは、手の甲が左のほっぺにつくような形で首に巻きつくように。
といったところでしょうか。

このイメージを聞いたときに、高い打点の打ちかたで、
軸足を前足の位置に1本柱があるようにイメージして、腰から回してズバーン!
が、妙に納得がいったような気がします。

取り組んでみたいと思います。

以下書いていることは防忘録。
まいど。

腰の向きとグリップの位置、脇の締め、打ち終わった後のおへその向きは、全体的には調子が良かったように思うので、続けていきたいと思います。
グリップチェンジは、ラケットパワーがあるので、最初の内は苦労すると思いますが、頑張りたいと思います。

高い打点のストロークについて
軸足を前足の位置に1本柱があるようにイメージして、腰から回してズバーン!
継続していきたいと思います。

バックハンドは、
・ラケットをそのまま引いていましたが、打つ感覚に慣れてきたら、引いたときにラケットを立てるようにしてみました。
・バケツを放り投げるような形で、腰がひと拳分入るように気を配りました。
・軸を前に取り、後足の膝が前足の膝によるように
・いつもより厚く握ってみること
などを注意しました。

フォアハンドについて
練習後にある師匠からフォアの厚い握りからのドライブの打ちかたに付いてアドバイスを戴きました。
要約すると、私のスイングは、押し込むイメージが強すぎるようです。
そこで、ドライブをかけるために、スイングは自然に振りながら、ラケットは、フェイス横面から打点に入ってくるようにするようにとのことでした。
要するに、肘の曲がり具合が約30度ぐらいの状態で、腕を捻るのだそうです。
手首を捻るのでもなく、肘支点にねじるのでもありません。
一見するとそれぞれそのような感じに見えるのですが、ちょっと違うようです。

ラケットヘッドを走らせるために、脇を締めるような形で肩を軽く前に惰性で出しながら、腕全体を肩支点で90度内旋(回内?)といった感じです。
これらの複雑な動作を意識せずに打つためには、打ち終わった後、私の顔の前の上の空間にラケットが来るように、ラケットヘッドを走らせるようなイメージになるようです。

回転がかかり、とりあえずの逃げのショットともなり、バウンド後にタイミングを外すいやらしい球になるので、ビギナーレベルでは有効になります。
手打ちになりやすいので、肘、手首には注意が必要です。

とりあえず、この打ち方をしっかり打てるようにしてから、落ち着いて厚い握りからのラケットヘッドを走らせる良いハードヒットをすることで、良いドライブが自然とかかるようにしていきたいと思います。

ストロークが安定してくれば、ボレーも生きてくると思うので、頑張りたいと思います。
スマッシュも頑張りたいところです。

サービスについて
トスや、上半身の軸回転(肩の入れ替え)、足の屈伸などの動作は大切な要素ですが、スマッシュの感じを応用した目測は忘れないようにしておきたいと思います。


今日はこんなところで。

--------------------------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成18年6月2日 練習 | トップページ | 平成18年6月24日 練習 »

コメント

おもしろいね。よく書けてるね。
19の春頃からテニスやりだして・・・
週末はテニス三昧の日々。ホントたのしかったぁ。。。すぐ回転かけちゃうの、私。
思い切り・・・嫌がられてました。ハイ!
でも、気持ちのいいストローク、いい音させてホント爽快だね。たのしいね。
気持ちのいいストローク続けたいな♪

投稿: むらさきはなな | 2006/06/24 23:44

>むらさきはなな様

コメントありがとうございます。
久しぶりのコメントに気がつくのが遅れました。
ブログ読ませていただきました。
ほのぼのしてよいですね。

投稿: まっつん | 2006/06/27 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/10653639

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年6月23日 練習:

« 平成18年6月2日 練習 | トップページ | 平成18年6月24日 練習 »