« 平成18年8月26日 練習 | トップページ | 平成18年9月7日 練習 »

2006/09/06

平成18年9月3日 練習

本日は久しぶりにフリーでしたので、参加することができました。
場所までの移動時に渋滞に巻き込まれた分、若干遅れましたが参加することが出来ました。

コートの状況
 日時:平成18年9月3日(土)
 時間帯:12時00分~14時00分、16時00分~18時00分 4H
 天候:晴れ。日差し強し
 気温:たぶん30度前後?
 風:なし
 コート:ハードコート 1面4H
 ボール:状態良し。

ラケットチョイス&UP
 ウィルソン Prostaff6.0 95inch トアルソン バイオロジック128  1.28mm テンション55lbs
 練習は、ストレッチを行ってから始めました。
 コートの照り返して暑いの何の。水分だけは多めに取るように努めました。

練習内容
下記はいつもの練習前の注意点。
・打ち終わった後のパームアウトを。
 いつものように左肩に振り切った後、ラケットのグリップエンドを相手に見せること。
・しっかり潰して打つことを考えていきます。
 1.腰の向き
 2.ラケットのセット位置
 3.打つときの球筋とラケットの軌道のイメージ
 4.インパクトの時の打点からボール5個分を押していってしっかりコントロールすることも気をつける
です。
・フォアハンドが引いたときに肘が体にくっついてしまっています。
 回転をかけようとするとどうも上腕に力みがあるので、引いたときは脇をあけるようにします。
・足の位置を決めることを注意しながら練習しました。

練習メニュー
途中から遅れて参加しましたが、参加者が少なく1人待っていらっしゃいました。
もう一人来るのですが、コートの場所がわからないとのこと。お迎えに。
40分程度おくれて始まりました。
ショートラリーを行っていたところもうお二人が見えて、午前中は5人で練習となりました。

1対2でのラリー
 暑い中、ラリーのつなぎの練習をしたいとわがままを申して、行いました。
 案の定、練習不足であり、思うようなコントロールは出来ませんでした。
 おまけに暑さでへばりました。
 順番に交代で行いました。
雁行陣対並行陣
 球出しの1球目はアプローチ、そのまま前に出てきて並行陣に。
 対して雁行陣でそのまま流れで。

ここで前半2時間の練習は終了。
次の時間まで間がありましたので、近場のファミレスでお茶。
その後の練習に臨みます。

1対2でしばらくラリーして体をほぐしていたところに1名参加。
ラリーの後にダブルスで総当り組みで、4ゲーム先取ノーアドでミニゲームを。

ダブルス全体としては、前に書いた組み立てのことが概ね出来ていたように思います。
ロブが多かったように思いますが、おかげさまでスマッシュ練習としてしっかり打っていくことには集中できていたと思います。

体の真上、前目の玉は打てていました。
①右手の肘を90度に、
②後頭部の上目に握った拳が来るように
していたので、良かったのだと思いました。

ロブの予測が遅く、横向きを作る動作とバックステップが相変わらず遅く感じていました。
案の定、深めの玉は上手く出来ていませんでしたが、すべて返すことに専念し、サーブのドライブのイメージで打つということだけは決めていました。
もう少し練習していきたいと思います。

一通り行ったところで、途中でお帰りになる方が1名いらしたので、残りの3名でシングルスを。
4ゲーム先取ノーアドで。
私は2試合させていただきました。

第一試合 0-4
 お相手はグリグリのドライブ系ストロークを打って拾って繋いでくる若人。
 躍進著しい相手です。
 前回の4月8日の春合宿で試合させていただいたときもかなり苦しんだので、これまでドライブ系ストロークに取り組んできましたので、敢えてストロークで勝負することにしました。
少し早めにボレーに出て行くことも念頭においていましたが、試合自体が久しぶりで試合勘がなくあっさり抜かれたので、あきらめました。
 私の薄めの握りですと高い打点に力が入りにくい。自分の予測も鈍い。
 甘い玉は思い切って振り切ってくるので、バウンド後の玉が予想よりも伸びてくる。
 これで打点も狂いオーバーが多かったと思います。

・相手は、まずは繋いでおいて、低い玉を打たせたときにはスライスで上手くコースを振り分けてきます。
・厳しいとき、打ち分ける時間があるときは私のバックに繋いできます。
・私はそれを繋ぐのは良いのですが、単に真中に返したり甘い玉になりがちなので、それを待って私めがけて思い切って打ってきます。
 このあたりの裁き方にも工夫の必要がありそうです。

・サーブも高い打点になるドライブ系。最近はコンスタントに入るようになっており、打ち分けも徐々に出来ているようです。
 リターンミスも多く、この裁きも出来ていませんでした。
・コートの中央に返してラリーというのが自分からのミスが多く出来ていなかったと思います。

前回と同じことが出来ていませんでした。
・高めの弾道のラリーをミスなくどのようにつなげ、先にコースを突き先手を取るといったことが出来ていませんでした。
・サービスとフォアで叩けたときに前に出て行くことをしませんでした。
・足が速い相手にランダムに打つことも出来ておらず、競り負けました。
・バックハンドへの打ち分けも出来ていませんでした。

・こういう時はストリングの飛びと張り具合が気になります。
 そういえば4月以降張り替えた記憶がなかったように思います。
 完敗です。

第二試合 0-4
 先の試合から1回休憩を入れて、もうお一人と。
・打った球が気になっていたこともあり、ラリー自体が安定していませんでした。
 ストロークもサーブもオーバーが多いんです。
 これまでの一番悪い感じがあぶり出しで出てきてしまっていました。
・ミドルコートでのチャンスボールをふかしてしまっていたことはとてももったいない。
 ラリーが続かなかったので、淡白な試合展開。
 自分的に自信を持っていたところだけにショックが大きいです。
・お相手は、どちらかというと相手の力を利用して面を作っていくタイプ。
 角度も上手くつけられ、高めの玉の処理も段々良くなっているようで、持っていかれてしまいました。


練習後の感想&課題

2試合を通して思うのは、練習のときのラリーはある程度自分の周りに玉が来るので裁けていたように思いますが、いざ試合となると打ちにくい球が多くなります。現状のストロークでは試合では使い物になりません。
体力不足もこたえました。
足も微妙につり気味でした。

ストロークの練習も良いですが、そろそろミニゲームのような形で不得意科目の練習を多く出来るようにしていかなければと思いました。


今日はこんなところで。

--------------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
日本片手バック保存の会

|

« 平成18年8月26日 練習 | トップページ | 平成18年9月7日 練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/11787133

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年9月3日 練習:

« 平成18年8月26日 練習 | トップページ | 平成18年9月7日 練習 »