« 平成18年9月7日 練習 | トップページ | 平成18年9月10日 練習 »

2006/09/13

平成18年9月8日 練習

今日はお誘いいただきまして、練習会に参加することが出来ました。
仕事の都合で遅れましたが、1時間程度の練習をすることが出来ました。
日中は暑かったですが、夜は比較的涼しい気候でした。

コートの状況
 日時:平成18年9月8日(金)
 時間帯:19時30分~21時30分 2H
 天候:曇り
 気温:たぶん25度前後?
 風:なし
 コート:ハードコート 1面2H
 ボール:状態良し。

ラケットチョイス&UP
 フォルクル DNX9 mp ストリング不明 テンション不明
 プロスタッフのストリングは切れたのですがまだ張り替えていません。
 DNX9は試打ラケットを借りました。(テニスマックスさんです)
 素振りでは、トップよりのバランスですが、振った感じが比較的軽めですが、軽すぎるといった感じはありません。

 練習は、ストレッチを軽く行ってから始めました。


練習内容
今日からは、打ち終わったら相手を見るということに最重要点として練習することにします。
次にバックハンドです。

下記はいつもの練習前の注意点。
・打ち終わった後のパームアウトを。
 いつものように左肩に振り切った後、ラケットのグリップエンドを相手に見せること。
・しっかり潰して打つことを考えていきます。
 1.腰の向き
 2.ラケットのセット位置
 3.打つときの球筋とラケットの軌道のイメージ
 4.インパクトの時の打点からボール5個分を押していってしっかりコントロールすることも気をつける
です。
・フォアハンドが引いたときに肘が体にくっついてしまっています。
 回転をかけようとするとどうも上腕に力みがあるので、引いたときは脇をあけるようにします。
・足の位置を決めることを注意しながら練習しました。


練習メニュー
参加者は私を含めて9名。
のんびりラリーの後にボレー対ストローク。
その後ダブルスのミニゲームを。
3人1組で順番に1ゲーム交代で。
そしてお時間となりました。


練習後の感想&課題

ラケットについて

多種のラケットをとっかえひっかえ使っていたのですが、それぞれの特徴が際立って感じるため、ストロークが大乱調。
良くありませんでした。
友人も試打ラケットを持ってきていたので、それも交えて。
ちなみにこの日使ったラケット一覧です。

プリンス ツアーディアブロXP 97inch
 厚みがある割には飛びが抑え目。
 ストリングは横糸が多いのですが、打球感はマイルド。
 プリンスのナイロンマルチストリングが張りっぱなしだったので、緩みきっている割には良かったです。
 多分、横糸が20本となっているためだと思いました。
 振った感じは、ウィルソンのnSix-Oneとほぼ同じ。重めに感じます。
 ただし、ラケットパワーはナノテクのような特殊な材料を使っていない様子で、余計な飛びが無いのが良かったです。
 意外と今使っているラケットに近い感触、しなり感があったように思います。
 グリップの太さと振った感じの重さが好みに近ければ・・。と思ったので、オーソドックスな作りが個人的には好印象。

フォルクル DNX9
 上記ラケットを使ったために、飛びが感じられました。
 そして振った感じが軽くなってしまいました。

ウィルソン nSix-One95
 その後使ったので、また振ったときの重さが気になりだしました。
 カチッとした硬さが分かりました。

プロケネックス ki5 pse
 駄目押しで使ってみると、グリップを皮に変更した分、細身に感じてしまい、良くありませんでした。


今日はこんなところで。
-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
日本片手バック保存の会

|

« 平成18年9月7日 練習 | トップページ | 平成18年9月10日 練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/11857639

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年9月8日 練習:

« 平成18年9月7日 練習 | トップページ | 平成18年9月10日 練習 »