« 平成19年2月10日 練習 | トップページ | 平成19年2月17日 練習 »

2007/02/12

平成19年2月11日 練習

昨日に引き続きテニス。ふふふ。
今日は秘密兵器を持参していきます。それの関係で手間取り、せっかくの2時間のテニスが実質1時間に。とほほ。

今日も体が動くかどうか心配がありましたが、無理しない程度にがんばります。

コートの状況
 日時:平成19年2月11日(日)

 時間帯:12時00分~14時00分 2H
 天候:晴れ
 気温:たぶん10度前後?(冬の割に暖かい)
 風:特になし
 コート:クレーコート 1面
 ボール:取り混ぜ色々、ほぼ良好

ラケットチョイス&UP
 FLEXPOINT RADICAL OS トアルソン バイオロジック128 テンション55lbs

 昨日の練習の後、なけなしのお金をはたいて1本調達いたしました。
 このラケットのガットを張るのに悪戦苦闘して時間がかかってしまい、練習に遅れました。
 体操後10分間程度のUP。ちょっとだけわがまま言ってストロークさせて戴きました。謝謝。
その後、ミニゲームの試合と相成りました。


練習内容
練習前の注意点。
この間の練習で少し気がついたことを中心に。
・高い球ほど腰を落として力を溜めること。
・体の横向きを自然に出すために、両膝のラインを打つ方向に合わせること。
・特にバックハンドはこれを遵守する
・バックハンドはこれをやりながら、左肘を背中の後ろに引き、右の上腕のラインを打つ方向に。
・右ひじは臍の前に。自然と肩が入る。後は前を見るだけ。

10分程度のUPの後は試合であろう。バックハンドを多めに打ちます。
・相手を見て落ち着いていくことにします。
・強く打つのではなく、しっかり打つこと。

ラケットについて
ストロークを打っていると、大き目のラケットっぽい、真中に当たると吹っ飛ぶ感覚があるかと思っていたら、そうでもありません。厚めのグリップでしっかり真中に当てていく感じで振りぬいてあげると、深さが出ません。これが逆にしっかり振っていける安心感に繋がりますので、ストロークが安定してきました。
面の大きさの割には意外と振りぬきもよく、しなやかな打球感。面にしっかり乗っかっている感じ。なかなか良いです。
コントロール性も意外に良い。
面も大きいこともありますが、スイートエリア自体も必要十分の広さの様子。
意外にコントロール性も良いことにも気がつきました。
自然とストロークが大きめなスイングになって、自分の体的には好印象。

ボレーはこれだけの面の広さに、取り回しも良いので、良好の一言。
全体的に振った感じが軽めなので、このあたりも私の好み。

昔、インスティンクトを使った時に、フレックスポイントの感触に違和感を覚えたこともありましたが、目が相対的に粗めになることもあるのでしょうか、なかなか良かったです。

10分程度の練習で結構すんなり使っていけそうだなと好印象でした。


試合内容について
6名での参加で1面でしたので、ダブルスを。
4ゲーム交代です。
昨日書いた感想が少しでも埋まるようにするために一考。
今回はあまり試合のことは念頭におかず、しっかり調子を出すことだけ考えていました。
結果はそれなりであったと思います。


練習後の感想・課題
相変わらず体の軸がブレます。(昨日の今日ですのであたりまえかな。)
下半身の強化が必要です。

右手に力が入っているようで、上腕の負担が少々。
テニス肘にならないようにもう少しだけ体を上手く使ってフォアを打たないといけないようです。
厚めのグリップに握っても、手の延長のように使う握りで十分いけそうです。

全体的には、もう少し練習しないといけないのはいうまでもありませんです。


今日はこんなところで。
-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
日本片手バック保存の会

|

« 平成19年2月10日 練習 | トップページ | 平成19年2月17日 練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/13876639

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年2月11日 練習:

« 平成19年2月10日 練習 | トップページ | 平成19年2月17日 練習 »