« ラケットの顛末 その1 | トップページ | 平成20年4月30日 練習 »

2007/10/26

ラケットの顛末 その2

ご無沙汰しております。

wilson PS n seven-one を購入と相成りました。
で、早速使ってみました。

山チャレまで約1ヶ月前でしたが、メインで使う方向で調整しました。
プロスタッフ6.0と比べると、やや軽量です。その上でバランスポイントがほぼ同一です。
しっかりしなります。
パワーはあまり感じられません。
フェイスの周囲はしっかり感があり、スィートスポットはそれなりです。

良好です。
最初から之にすればよかったです。
まあ、遠回りした分だけじっくり使ってみたいと思います。


で、10月20日、21日に山中湖チャレンジカップへ参加してきました。
平野旅館組合の主催で今回で第23回大会です。
今年はやや少な目の参加者だそうで。それでも約1470人もの参加者でした。
組数で735組、147ブロックです。

大会本部で受付を済ませ、主催者挨拶が終わりましてから各会場に移動です。
第7会場まで分かれて、それぞれの各ブロック5組で総当りのリーグ戦を行います。
1日目は合計4試合をこなすことになります。

私たちのブロックは、大学生ペアばかりで少々あせりました。
最初はどうなることかと思いましたが、叔父様テニスを展開してせめて楽には勝たせまいと奮戦し、おかげさまで2人の協力と努力でなんとか3勝1敗の結果になりました。
2位トーナメント進出です。

しかし、翌日起きてみると大変な疲労感が・・・。
翌日のことを考える余裕なども無く、全力テニスでしたので、太ももの筋肉痛はピークに。
2位トーナメントでは2R敗退となりました。

両日とも天候に恵まれ、充実した2日間を過ごすことが出来ました。
相方のツヨさん、本当にありがとうございました。

ラケットのほうは2日間通して使いました。
試合では気になる点が無かったので、このまま使っていけそうです。
よかったよかった。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
日本片手バック保存の会

|

« ラケットの顛末 その1 | トップページ | 平成20年4月30日 練習 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/16883001

この記事へのトラックバック一覧です: ラケットの顛末 その2:

« ラケットの顛末 その1 | トップページ | 平成20年4月30日 練習 »