« 平成22年7月16日17日 練習 | トップページ | 平成22年7月23日 練習 »

2010/07/20

平成22年7月18日19日 草試合

今週末はテニス三昧。
日曜はサークルのダブルス、月曜はスクールの試合の日でした。

日曜はプレー自体は案外良かったと思います。
序盤は調子よく、プレーに集中できていました。
前日の修正事項はうまくいっていたと思います。
ただ、この暑さはなんともしがたいです。


月曜の試合では、自分自身の修正事項は上手くいっていたと思いますが、試合としては、負け越していまして、取りこぼしが多かったと思います。
室内は暑い!
力を抜いてラケットパワーをこれまでよりは上手く活用できていたので、今回は攣る兆候もあまりなく、体は楽できたかも知れませんが、後半はストロークの面作りが上目に向いてしまい、若干オーバーも多かったことや、最後の試合では、ラケットが上手く持ち上がらなく、回転がかけづらく感じました。


毎日連続で試合を中心にプレーしたため、体力はついたかもしれませんが、同時に消耗もしたように思います。
日々、体力づくりなどの自己管理が必要ですね。
肝心なところで、体力が続かなくて集中力が細切れになり、試合に負けるのは悔しいものです。

また、速いサーブの相手への対応は課題がありました。
上手く対応していたつもりでも、オーバーも多かったように思います。
単純なブロックリターンを練習したいと思いました。

ボレーに出て行くと、結構作戦としては成功していたと思います。
やや直線的もしくは相手の返球を限定させる球が打てたときは前に出ます。
コースを限定することに成功できれば、たいていの場合、足元かロブですので、しっかり相手が打つ前に体の移動速度を緩めて、ややポジションを下げ目でいると、次のボールに対処しやすかったと思います。
そして徐々に角度をつけると、相手のポジション取りにもおのずと限界がありますので、楽にポイントが取れていたと思います。

相手にコースを切り返されることも多かったので、アプローチからの配給はもう少し工夫が必要かと感じました。
一定の球が飛んで行けば、相手のフォアに送れば自分のフォアに。バックはバックに帰ってくることが多くなり、7割ぐらいの返球割合でしたので、もう少しこのあたりを生かしていきたいと思います。

ストロークは練度が足りません。
試合でラリーで取りこぼすことが多くありました。
球のスピードを緩めてでも、コントロールを上げることや、ラリー自体の質を上げる練習をしていかないかもしれません。
ストリングセッティングはもう一考が必要かもしれません。

打ち方よりも、試合全体を俯瞰している感があったので、少しはレベルアップしているのかもしれませんが、結果がまだついてきていないレベルですね。
もうちょいがんばります。

また、冒頭に相手の癖を見抜くことに注力して、試合後半は粘りあるプレーが出来ているとは思いますが、実力がある程度拮抗してくる中で、ゲーム数が短めの4先ノーアドとなると、序盤2ゲームがキッチリ取れないと少し不利です。
自分の持ち味を序盤から出す工夫も必要かと感じました。


今日はこんなところで。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
日本片手バック保存の会

|

« 平成22年7月16日17日 練習 | トップページ | 平成22年7月23日 練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/48921239

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年7月18日19日 草試合:

« 平成22年7月16日17日 練習 | トップページ | 平成22年7月23日 練習 »