« 平成23年4月24日練習、29日試合 | トップページ | 平成23年5月6日練習 »

2011/05/04

平成23年5月3日練習、試合

平成23年5月3日練習、試合

本日は午前中にテニスオフを利用して地元のコートでシングルスを2H。
午後からは、スクールの特別レッスンです。

午前中の試合

テニスオフにて初見の方と対戦です。
6ゲームプロセット セミアドバンテージ方式で試合です。
相変わらずバックハンドとローボレーが精彩を欠き、お相手にコントロールを奪われます。
1ゲーム目は3-6でした。

次いで調子を取り戻したところで、バックハンドはスライスに割り切り。
ボレーは午前と同じですが、体がほぐれたので何とか踏ん張ります。
そして、お相手の肩の開き具合などから、ストロークはアングルが多く、厳しいときはクロスの返球が定石と判断。
サーブは調子良いようで、1ゲーム目とほとんど同じぐらい剛球です。
普段サウスポーのお相手との対戦が少ないため、フォア側への配給がまとまりません。
そのあたりはお相手も山を張っているため、甘い球は回り込みフォアでアングルをつけられるので、あえてフォア側に集めていきます。
組み立てが功を奏してゲームは何とかイーブンの展開。
2ゲーム目は7-5でした。

2ゲーム後は軽くラリーをして時間でお開きでした。
どうもありがとうございました。


午後の練習

ストロークでは、フォア、バックの基本を重点的に行っていただきました。
フォアは、ネットの高さの倍を意識して。
あとは、右ひじを打球方向に突き出す感じ。

バックは、相変わらず球に近づきすぎることと、体が開きすぎる点を指摘されます。
修正としては、まずはボールとの距離感。フォアと同じように球の横に入るように意識をします。
そして、体の開きを抑えるため、右腕のラケットをしっかり上に振りぬきます。
感覚としては伸ばした右腕を打球方向に伸ばす感じ。

練習後に確認したら、右手だけを振り上げると、無意識に胴体が適度に半身開いてきます。
この感覚を大切にしておきたいと思います。


ボレーでは、正面に来たフォアボレーが、軸足を後ろに持っていって躱わすイメージが強いため、上体がつんのめって安定していないようです。
腰を横にスライドするイメージで、そのままとりに行きましょう。
精進します。

練習後のイメージとしては、ポジションを動かした際に、しっかり軸足を重心の下に持って行けばよいようです。そしてそのまま前足を踏み込みます。

また、ローボレーは、姿勢を下げてラケットのVの字をキープして打つことも大切ですが、力のしっかり伝わる範囲で、ラケットヘッドを下げて打つ感じでかわすことも覚えておきましょう。
精進します。


今日はこんなところで。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成23年4月24日練習、29日試合 | トップページ | 平成23年5月6日練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/51575653

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年5月3日練習、試合:

« 平成23年4月24日練習、29日試合 | トップページ | 平成23年5月6日練習 »