« 平成24年4月13日練習 | トップページ | 平成24年4月20日練習 »

2012/04/15

平成24年4月15日練習

平成24年4月15日練習

15日はいつものサークルに参加です。

先日のレッスン内容と平行して、自分の中での取り組みは、いつものとおり。

テニスキャンプで取り組んだ内容と、○○の設定です。

バックハンドについては、体の横向きとスイングの方向に訓練が必要です。
UPの球出しで最初のうちは深さのコントロールが微妙に深めに出てしまいます。
このクセは少しづつ抜いて行こうと思います。

ストローク全般における加重比率についてはケースバイケースですので、攻め時と守り時を意識する程度にとどめておきます。
むしろ、打点を頭に入れた上で、ボールの横に入るということを重視したいと思います。

ちょっと人数も多かったこともあり、ストロークのUPのあと、ボレーとスマッシュの練習です。
スマッシュについては、前回の練習をそのまま思い出していきます。
前半はいまいちでしたが、後半は大分しっかりしてきました。

しばらくしてダブルスの試合を時間まで行いますが、その中でもロブの対応は上手くいっていたと思います。
イの字を保って打点で取るべし!です。

最後10分程度ラリーを流しましたが、やはり横向きのリズムと打点を意識したスイングでうまくいきます。
上半身のBOXを意識するとフォアもバックもキッチリ打ててきます。
3種の神器、いま少し訓練を続けたいと思います。


今日はこんなところで。
-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

以下防備録


今日はボレーとスマッシュの確認練習です。

私はボレーについては膝が伸びきって、上から覗き込むようなスイングになりがちなので、普段から膝を抜くような形で姿勢を低めにと意識しておりますが、なかなか抜けないものです。
指摘を受けるとスッと直るのですが、もう少しコートに立つ前に事前に意識しておくことが必要かもしれません。
スマッシュについては、前足に加重が移りすぎ前のめりになりやすい癖があります。

指摘はその2点のみ。
今日もそこを徹底的に球出しされました。

スマッシュについては、体軸を回そうとする意識が強すぎるのかもしれません。
究極的には打点で取れればよいので、ラケットの位置を落とさずに前に振ることを意識してみたいと思います。
左手をたたんで右胸につけると大分収まります。
上手く打ててきたようです。


コーチの指摘

打点については、真上と左寄りに打点を取ってしまうと、それだけで苦しくなってしまいます。
肩のラインを横に向けたときに、左手をそのまま顔の前に上げて、ネットを見据えたときには打点を体の右側にするのがコツです。


また、姿勢のとり方ですが、特に後ろに下がって取るときは、頭の位置を(軸を)後ろに傾けたまま、そのままの状態でシンプルに打ちましょう。

横から見た姿勢は「イ」の字になるように。後ろ足に体重を残したまま打つようにすると良いでしょう。
思ったより少し前にボールが落ちてきた場合は、その体勢のまま、腰の位置を移動させて前に体を移して、スッと振りましょう。

また、その際にラケットを下げないように。肩の位置と肘の位置を同じ高さを忠実に守るがゆえに、イの字の姿勢の際に肘が下がり、ラケットも低くなっています。
あくまでもラケットは下げないように。

床に対して上腕が平行な感じですね。

精進します。


アプローチには、大きく分けて2種類あります。
①アプローチショットを強めにヒットして、次のボレーでキメに入る場合。
 このばあいには、浅く高めに浮いた球を高い打点でヒットすることが重要です。

②やや低めの普通の球ですが、ちょっと浅めに入った球を、面を作った上で、体の勢いで(足で)スッとすべるスライス球を確実に打って、次のファーストボレーに早めに止まって備え、ボレーのやり取りの中でチャンスを作って行く。

この2パターンがあると思います。
今日は②を重視して作りに徹してみましょう。

フォアと両手バックは上記のとおりですが、片手バックの場合はスライスアプローチを使って行きましょう。


アプローチ自体については、コーチの指摘を受けませんでした。
元々バックハンドの特にスライスは、シングルハンドゆえにスライスで逃げざるを得ず、散々打ってきたので、染み付いているようです。

ボレーについては、○○の設定が功を奏し、全体的に上手く打てているようです。
特にフォアボレーの少し上から押さえ込んでいく動作が自然に出来ていたようで、及第点をいただきました。
ただ、フォア側の真正面系のローについては、少し前にかがみこんで上からのぞくような打ち方が顔を出したようなので、それについては、単純に体を横に一歩よけてスッと打つようにと指導を受けました。

精進します。


スクール生の皆様とのラリーについては、同調は上手く出せていたようで、ボールを無理なくほとんど拾えていたようです。
しばらくは自分の中で3種の神器を訓練していきたいと思います。


ボレーの基本の確認です。
胸の位置をぶれないようにして打つようにしましょう。
胸の位置が前につんのめるような形になると、ラケットで距離感を合わせることとなり、さらに足が動いてないので体勢がさらに崩れるような動きになりがちです。
胸の位置を意識することと、足を打球ポイントに入ったら、今日は少し軸足の膝を下に沈めるような形を取ってみましょう。
沈むだけで、前足も自然と出ますので、極端に踏み込む必要もありません。
沈み込むと両足の膝は自然と前に向き出てきますので、その動作だけで体重移動は出来ています。
そうやって無駄なく安定して打つように心がけてみましょう。


コーチの指摘
胸を意識するあまり、足が動いていないようです。
姿勢をやや低めに。
膝を抜いて、膝を沈めることを忘れないようにしましょう。
精進します。


バックハンドストロークについては、腰を落として軸足に重心を下ろしておけば、打ち負けることは無いようです。
捻りを意識しすぎてぎこちなくなってしまっているので、いったんリセットしてみます。
肩のラインを横向きを作ってからラケットを振り出す。
その際にボールの横にポジションを持ってくるようにして打点で捕らえる。
これだけ意識して、最後にやっと調子が出てきたように思います。

がんばりたいと思います。


ストロークでは、前に注意された点を思い出しました。
打点との関係で思い出したのですが、特にバックハンドでは、ラケットのラインが直線的なイメージが強すぎるということです。
適度な捻りからの振り出しですから、楕円を描いている、弧を描いているはず。
ボールに近づきすぎに注意しようにもどうしても近づいてしまうことから、ちょっと横に入るイメージを強くしないといけません。

ストローク全般としては、浅い球への対応について指摘を受けました。
前目の球を処理する際には、触った瞬間に後ろに戻るぐらいの気持ちでいないと、普通にラリーしているだけで間が詰まってしまい、時間も削り取られるのが分かります。
浅い球は打ったら戻るという基本的なことを意識したいと思います。

ボレーでは、ややダイナミックに体が動きすぎていたようで、フォアボレーの際に、胸のマークを相手に見せる気持ちで、胸を固めてからボレーするということを意識したところ、間が持てるし打ち負けない感覚がしっかりつかめてきました。
その流れでスマッシュも上手くいっています。

スマッシュでは、私の場合はドライブサーブの癖があった様子で、肘の高さが上に上がってしまうことが多く、打点が安定しないようです。
コツとしては、肘の位置を肩の高さに平行にしたら、その高さを変えない気持ちで、スッと前に振り出すということです。
なので、思っている位置よりも気持ち低めでインパクトするということです。
とてもシンプルですっきりスイングできて、ミスが一番少なかったと思います。
この点は忘れないようにして行きたいと思います。

サーブでは、スライスサーブを改めて確認しました。
トスをいつもより外側に上げて、打つことです。
最初のうちは、普段の感覚と違うため追いかけてしまいがちですが、慣れてくれば、逸れに合わせてスッと振ればスライスがかかるといった体です。
軽いスライスはかかっていますので、がんばりたいと思います。

リターンについては、4ステップを確認しました。
やや前のめり目の重心にすることで、打ち負けにくくなる点、
フォアの外側の処理は、一歩目は軸足を右横に出し、そこにクッと重心を乗せること。
フォアの正面の処理は、一歩目は前足を軽く左横に出し、そこにクッと重心を乗せること。
バックの外側の処理は、一歩目は軸足を左横に出し、そこにクッと重心を乗せること。
バックハンドの正面の処理は、一歩目は前足を軽く右側に出し、そこにクッと重心を乗せること。
これらの一歩目の踏み出しと重心を乗せること(軽く低く沈むこと)で、ほぼ全てが決まるという感じです。

重心の前目後ろ目は使い分けですね。
がんばりたいと思います。


今日はこんなところで。
-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

以下防備録


雨がやんだ時間に2時間ほど試合をすることができました。
ストローク自体は、軸足でしっかり沈むことで、大分パワーが伝わっているようです。
そこで、特にバックハンドについては、スイングワークを上にフィニッシュするように気をつけて行きたいと思います。

試合の出足の調子の出し方は上手くいっていますが、まだ訓練が必要です。


今回は高めの顔ぐらいの高さのボールを打つ練習です。
いわゆるチャンスボールが上がってきたときの対応です。

高めの球を打つ際は、ラケットヘッドをボールより高めの位置に、少し外側にヘッドを落とさずにセットします。
そして、軸は前足軸にします。そうすることで、スッと安定したスイングで球に力が伝わります。
ヘッドは外から内に軌道を描くと思います。
それほど強い球でなくとも、しっかりコースを狙えれば、それだけであまり取れないものです。


コーチの指摘

様子を伺って、少しボールを落としてから打つ感があります。
その分だけ、無意識にラケットヘッドが下がって軌道が上がり気味になります。
ネットさせるつもりぐらいで構わないので、バウンドの頂点で捕らえるようにしていきましょう。

ベースライン上では、しっかり後ろ軸足に乗せてストロークを組み立てて行き、チャンスボールは前足軸でスッとボールのバウンドの頂点で捕らえるようにプレースメントしましょう。
高さに合わせて軸をいちいち変えていては対応し切れませんので、その点は注意しましょう。

精進します。


前日にスクールで習ったバックハンドとフォアハンドの確認で壁打ちです。

フォアハンドは頻度が高いので大体出来ています。
バックハンドについては、捻りを意識すると、タイミングが遅れます。
色々試した結果、体の横向きと前足をいつものとおり意識して。そして、一決めした際にいつもよりスッと体勢を低めに取ることで、自然な捻りが出来ているようです。
これで、ラケットをしっかり上に振りぬいてやると、しっかり打てているようです。

打ち方自体は、この方向でしばらく練習したいと思います。


練習会でのダブルスでは、ドライブコントロールと注目のコツのみに注意を払います。
集中はかなり上がりやすく、序盤から調子は出やすくなっています。
継続して訓練して行きたいと思います。


第1週のストロークの基本の確認です。

フォアハンドは、自由が聞く分だけ、打ち方をわざとしっかり決めて打つようにしましょう。
決まりごとは、①上体を捻ってから、②腰から振り出して打つ。
このことを常に意識しておくようにしましょう。
これにより、スイングが一定になり、安定してくると思います。

コーチの指摘

上体の捻りは軸足加重でしっかり腰を落としてできていますが、やや横に走らされたときに、上体の捻り戻しだけで打つことが見られます。
走らされた状況でも、しっかり軸足を決めてタメを取り、振り出しは腰で行うことを忘れないようにしましょう。それだけできれば、かなりいい球が打ててきますので、がんばってみましょう。
精進します。


試合後はしばし皆様を観戦。
やはり上手い方は、ストロークで自分の懐を深く保ち、良い打点に動いてすんなり打っていらっしゃいます。
いやはや脱帽です。見習う点多々ありました。

その悔しさを胸にペアと別れ、移動して、いつもの練習会に参加。
集中していたのか、ボレーは結構調子良かったです。(汗)


9日はスクールです。

バックハンドを中心に基本練習を行います。

横向きを作り、ラケットの半分を後ろに出してやる感じ。
このときに捻りを加えてしまうと、ボールが見えなくなってしまいますので、横を向いたら、移動して打つ位置(ボールの横)に入ります。
その時に止まって軸足を決めたときに、軸足を決める動作に合わせてスッと捻ります。
少し沈む感じでタメを取るということです。
そこからスッとスイングして行きましょう。

コーチの指摘

軸足(後ろ足)を決めたときにスッと軽く沈みながら捻りができてきて、タイミングはばっちり合ってきています。
ただ、スイングしたときにそのまま横に振ってしまっているため、ネットすることが多くなっています。
ラケットのスイングは、しっかり上(やや体の外め)に振りぬいていきましょう。そのあとは自然に体が開く分にはかまいませんので、その2点を注意して行きましょう。

精進します。


最終週は平行陣のポジションの確認練習の後、試合を多めに行います。

ポーチに入ったら、先ずはその場で体勢を立て直して次への対応を最優先。
その後、流れになりますが、帰ってきたボールをパートナーが打ったら、後衛に球を送ったなと感じた時点(前衛をスルー)で、前後のポジションを入れ替えて整えます。

ポーチしてすぐに下がることまで組み込むと、帰ってきたボールへ下がりながらの対応が強いられるため、1拍子タイミングに間をおきます。

試合では、このところ、集中があがるときと、そうではないときのプレーの質の差、落差に少し戸惑いがあります。


25日はテニスキャンプに参加しました。

雨天ですが、屋根付きオムニコートでまずは一安心。
早朝、高速に乗り、一路千葉まで足を運びます。

そこでは、ボールの打ち方を2種類に分解して、ちょっとしたコツを学びながら実際に練習を行います。
体の使い方という内向きの考え方を、ちょっとしたことで外の環境に目を向けるような、集中力を高める方法などにより、打ち方ではなく球筋の予想が立ち、それにより自分の中でできるプレーが自然と行えるというものでした。

これらの事柄を念頭に置きながら若干の訓練が必要かと思いますので、普段のプレーの中でこれらを練習すると、かなり効果が上がりそうであったと実感できました。


そろそろ、肩のラインを横に向けてから打点で捕らえる。
ここは無意識になりそうなので、良い感じです。

球筋のイメージと面感覚。
これで、プレーの落差については、ほぼ解消できそうです。

精進します。

|

« 平成24年4月13日練習 | トップページ | 平成24年4月20日練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/54479219

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年4月15日練習:

« 平成24年4月13日練習 | トップページ | 平成24年4月20日練習 »