« 平成25年9月16日バックハンドの考察 | トップページ | 平成25年10月6日練習 »

2013/09/22

平成25年9月20日練習、22日練習

平成25年9月20日練習、22日練習

20日は考察を元に練習。
1面で10人でしたのでダブルス4ゲーム交代。
打てるだけでもホントに幸せ。

グリップの位置を再確認。
右手は口の前。35度ぐらい。
左手は左肩の正面。目の高さ。50度。
ラケットは45度。面を上に向ける。相手に向ける。
手首の位置は同一。

右手首をより奥に(遠くに)おくと、スナップを使えるが、安定性とトレード。
一つの技術として考える。


しかし・・。ドライブが安定してかからない。
今日のところはこれまで。

振りやすさは良くなった。
違和感はない。


22日はいつもの練習会。感謝。
ストロークで打っていきますが、やはり若干深さのコントロールが難儀。
壁打ちで確認しますが、跳ね返る球の角度で、フォアと比べて回転がかかっていないのが分かります。

案の定、オーバー多し。
打つ技術面。内向きのイメージを切り替え。
空気感。球筋。
特に落とす場所にイメージを強く持つように切り替え。
良くなった。きっかけ。
両面作戦。


元々横振りの私。経験上、左手を下に下げると右手が上に。
面を感じながら、これをおこなったところ、スピードが落ちた分、回転がかかり、安定した。

ということで、打ち方を思い出したところで投了。

もちろんBTLのコツは忘れない。
だいぶ良くなってきたと思う。


ということで、次回取り組むこと。
・目の使い方。
・バックハンドの面の向き。
・左手を下目に。
・打つときに飛び上がらないように。
・通常よりも気持ち膝を曲げて。


-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成25年9月16日バックハンドの考察 | トップページ | 平成25年10月6日練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/58245293

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年9月20日練習、22日練習:

« 平成25年9月16日バックハンドの考察 | トップページ | 平成25年10月6日練習 »