« 平成26年7月27日練習 | トップページ | 平成26年8月9日視覚行動研究所スポーツアイ検査受診、練習 »

2014/08/03

平成26年7月30日練習、8月2日試合

30日はいつもの水曜練習会に参加です。

ストロークを練習しました。
今思えば、ラリーのペースを抑え目にスイングしていました。
飛びが出るために上体の動きが主になっていたかもしれません。


スマッシュも練習させいただきました。

前向き。振り子のリズム。
ちょいよけ。軽くステップで腰低く。


大分調子が良くなりました。
ありがとうございました。

金曜の練習会は、土曜の試合に向けて体力温存のためお休みさせて頂きました。
この夜は急な雷雨が3Hほど続きまして、コートが使用できるのか一抹の不安がありました。


8月2日は団体戦の試合です。
シングルスをさせていただくことになりました。

3セットマッチノーアドです。

試合前の考え

お相手は強打はないものの、上手く面を合わせてつなぐのが上手い。
ボレーは出てこない。
半端なアプローチを打つとロブを上手く深い位置に上げられるので、できるだけエネルギー量の高いショットを用いてチャンスを狙う。
バックではなくあえてフォア狙い。

0-6,2-6

1セット目はサーブ、ストロークともに全力スイングで臨みます。
購入当時のサービスガットで、いつものお店で張り上げてセッティングだししていなかったのが災いし、ライン際10cm以内のところやライン上に乗る感じでした。

サービスについては、肩のコリを取る意味でも全力スイング。
少しづつ調子を上げていき、割り切ってスイングしていきました。

フォアハンドも練習イメージ+全力打ちですと、自分のショットがベースラインを少し超えてしまいます。
そこで、イメージを変えてネット上の通す位置を意識して低めにしてみると、ベースラインとサービスラインの間ぐらいにそこそこ入るようになりました。

1ゲーム目は調子を出すために割り切ってスイング。
2ゲーム目に全てをかけていきます。


お互いにサービスゲームキープで進みます。
ラリーになりますと、相手はこちらのバックに単純に集めてきます。
ここで、切り替えてバックハンド側に打てばよかったのですが、念頭にあったフェアハンドを捨てなかったのも失敗しました。
回り込みフォアの3球目をしくじるなど、同じようなパターンでミスをします。

通常は、真正面に打つと相手に展開されることが多くなるので、そこは避けたのですが、そこはお相手のあること。もう少し怖がらずに打てばよかったかもしれません。
上手く振ってきますので、落ち着いてクロスに打っても良かったかもしれません。

分が悪いので無理してミスする感もありましたが、あえてストレートを狙っていきます。が、やはりアウトも多かったかな。

狙うことばかりで、自分の体制が把握できていないのが一番いけません。
今回は特に足場が悪かったので
以前、BTLで習っていたことが生かせていないことがはっきり感じられます。
私の場合には、その点が一番大切な課題であると感じました。


0-1,1-1,2-1,2-2としてイーブンペースに持ち込んだのですが、ここで、落ち着いて攻め手を考えて臨みますが、サーブとリターンでオーバーが多くなります。

競った場面で、ネットの高さのコントロールができないため、オーバーが増えてしまい、そのままやられてしまいました。

低めのコントロールで浅く打つことが今までよりもできるようになってきましたから、先手をうまく取るために浅く打つことを最大限生かすために、角度を取ることを考えるべきでした。


数々の課題が浮かび上がりました。
もう少し、試合の頻度を増やして、こうした点をうまく試合の中で取り入れて、生かせるように練度を上げていきたいと思います。


今日はこんなところで。


-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成26年7月27日練習 | トップページ | 平成26年8月9日視覚行動研究所スポーツアイ検査受診、練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/60090492

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年7月30日練習、8月2日試合:

« 平成26年7月27日練習 | トップページ | 平成26年8月9日視覚行動研究所スポーツアイ検査受診、練習 »