« 平成26年8月9日視覚行動研究所スポーツアイ検査受診、練習 | トップページ | 平成26年8月16日テニスオフ参加 »

2014/08/15

平成26年8月15日団体交流戦

平成26年8月15日団体交流戦


15日は、知り合いの伝の集大成?4団体の交流戦です。

平日の昼間とあって、コートは4面8Hとの長丁場。

団体戦は1セットノーアドで5試合で決します。
総当りなので、10人でのダブルスのみ。3試合固定。

表彰式後は、交流戦が組まれますが、流れ解散なので、残ったメンバーで自由に試合です。


今回は、これまでの自分の試合での反省を踏まえ、状況把握。そのための眼の使い方のみ修練をしていくつもりで臨みます。
結果は後からついてくる。


対抗戦 1セットノーアド

第1試合 MIX 1-6

お相手の男性は私がテニスを始めた頃の戦友といっておきましょう。
両ペアともお初の顔合わせのようですが、お相手の方がリラックスしていたかもしれません。
お相手男性のポーチがうまかった。脱帽です。
結構競った場面が多くなり、ノーアドに縺れ込むのですが、そこで、ダブルス慣れの差が出た感じでしょうか。

自分の反省点は下記のとおり
・周辺視野をうまく使うコツを注視した関係で、受け側の対応は良くなりつつあったが、得意としていた勝つために必要な相手の分析が若干薄れていた。
・3種の感覚(内緒)が取れていなかった。
・球筋に対応する受けの部分はうまくいっていたかな。

無理なペースはなかったので、この調子を続けて次に生かしていきたい。

ただしスマッシュについては、改善点あり。
・you tubeの紹介されたポイントを勘違い。
 今後は、振り子のリズムを最優先。


第2試合 男ダブ 3-6

私のサーブミスと要所のフォアボレーミス1回
サーブについては改善点を確認。
松原コーチの教えを思い出しました。

第1試合の注意点を継続していたので、良い練習になります。
展開に振り回されたこともあり、すぐに注意点が霧散します。
この辺りは訓練が必要です。

全体的に、一定のリズムでスイング。を徹底したいと思います。


第3試合 mix7-5

お相手はご年配のペア。
こちらは第1試合のペアですので、対応はしやすい感じがありました。
冒頭、0-3と離されましたが、無理な打ち方をせずに、多少動かされても相手のスライス系のゆったりとした球に付き合って無理に打つことはしない。

返しているうちに、向こうが手前に落としてきた球への対応で上がっていくとロブというパターンが見えていたので、そこをうまく利用します。

ペアの方に球が集められますが、スライス面をうまく使った安定したプレーを生かして、脚でカバーします。
スマッシュはわざと打たない。無茶打ちは思う壺。キツクとも相手にも楽はさせない配給。
結果的に粘りがちです。


団体戦の試合結果は第3位。
今回は第4回の試合でしたので、来年は勝つと皆さんで誓い合いました。

その後、残った皆さんで交流戦。


第4試合 3-4
第5試合 3-4

でした。
第5試合は上位陣でしたので、本選での注意点をキッチリ使ってよい展開だったと思いますが、地力で負けました。
来年はがんばります。


今日はこんなところで。


以下防備録


自分で意識的にプレーに入る前に導入するように、パターンを作らなければなりません。ともすると、前の状態にすぐ戻ってしまいます。
試合が多めで助かりました。

スマッシュ
前向き。
振り子のリズム。
ちょいよけ。
軽くステップで腰低く。


狙うことばかりで、自分の体制が把握できていないのが一番いけません。
今回は特に足場が悪かったので
以前、BTLで習っていたことが生かせていないことがはっきり感じられます。
私の場合には、その点が一番大切な課題であると感じました。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成26年8月9日視覚行動研究所スポーツアイ検査受診、練習 | トップページ | 平成26年8月16日テニスオフ参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/60156622

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年8月15日団体交流戦:

« 平成26年8月9日視覚行動研究所スポーツアイ検査受診、練習 | トップページ | 平成26年8月16日テニスオフ参加 »