« 平成26年10月26日練習 | トップページ | 平成26年11月5日練習 »

2014/11/02

平成26年11月2日練習

平成26年11月2日練習


日曜は午前の仕事の後、午後に団体戦の応援。
其の試合の後、時間が余ったところで45分ほど4先ノーアドで試合をさせて頂きました。

試合の調子はノーアップでしたが、結構調子良かったように思います。
4-1、4-3でした。
ありがとうございました。


下記の注意点を維持していきたいと思います。
以下防備録


フォアハンドはいつもの調子で。
色々考えすぎるとうまくいかないので、打ちながら軽く意識していたのは
①グリップを厚くして面を感じる。打点決定。
②腰を軽く落とす。これにより打球方向に対し45度
③面を伏せて高めに引く。
④打球後に腕を引っ張り込む。アウトサイドイン。


バックハンドは、腰主導ではなく、打点でしっかり前で取ることを優先。
上体に引っ張られて腰が入る形で、最初は導入することに意識集中。
要するに目の使い方を優先し、打点に対して振り子のリズムを意識してあわせるだけ。
打ちながら軽く意識していたのは
①グリップの確認。面を感じる。打点決定。
②腰を軽く落とす。これにより打球方向に対して90度(自然とスタンス広め。前足は前のつっかえ棒。拳一つ分ぐらい前に入るのがコツ)
③面を軽く上に向け、グリップがあごの前。肩のラインの高さに。
④打点に合わせてスイング。右肩を意識してぶったたく。


フォアバックともに共通なのは
①肩のライン
②振る。

もうひとつ。
③グリップを厚く握り、ハンマーグリップのように。
極端に言いますと、90度から打点で45度。
最後のエッセンス。スナップ代わりです。
人間は完全剛性でないから、握っているつもりでも、柔らかく使える。


自然に体感は使えてくるので、今日は意識せず。
目の使い方を重視しました。

長時間の練習で自然と力は抜けていく。
そうならないと持たない。


今日はこんなところで。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成26年10月26日練習 | トップページ | 平成26年11月5日練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/60586185

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年11月2日練習:

« 平成26年10月26日練習 | トップページ | 平成26年11月5日練習 »