« 平成26年11月7日練習 | トップページ | 平成26年11月12日松原テニス塾参加 »

2014/11/09

平成26年11月9日練習

日曜は朝から試合が予定されていましたが、あいにくの降雨で中止。
午後から3Hのいつもの練習会に参加させて頂きました。

15分ぐらいラリー。
その後は4ゲーム先取で時間まで。

途中の時間を見て壁打ち練習です。
特にバックハンド。

ストローク
共通なのは肩の線横向き。
そこから腕を振る。
リズムは一緒。

バック。
・グリップ。面の確認。打点を前に設定。
・ラケットヘッドを軽く落とし、回外を使う。

今回はこの2点を重点的に。

今までは、タイミングに間に合うように右肩の引っ張り込み重視でしたが、前の打点にあわせるのが大分楽にできるようになったので、上記の安定のコツを重視してみました。

面白いくらい楽に打てていたので、もう少し壁打ちをして続くようになれば、試合でも使えてきそうです。


待ち時間の間に体が冷えると調子が崩れますが、しつこくバックに回り込んで打っていると先ほどの調子が戻ってきます。

ビッグサーバーの方のサーブをリターンで返せていたので、方向性は間違ってないかと。もうちょっと練習が必要です。


今回は、下記の点がポイント。

サーブ
打点。軸のちょい後ろ。
体軸を傾け、肩の線を有効に使う。

フォア
グリップと体の開きはセット。
回内は使わない。引いた時の面の向きだけが重要。
肘が肩の線に近づくように。

バック
打点は前。面を常に意識。
ラケットヘッドを下げて、スイング全域で回外を積極的に使い、面を立てる。これが不思議とできる。
肘が肩の線に近づくように。


今日はこんなところで。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成26年11月7日練習 | トップページ | 平成26年11月12日松原テニス塾参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/60626005

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年11月9日練習:

« 平成26年11月7日練習 | トップページ | 平成26年11月12日松原テニス塾参加 »