« 平成27年2月20日練習 | トップページ | 平成27年3月1日練習、考察 »

2015/02/24

平成27年2月24日練習

今日は水曜練習会が曜日ズレで開催です。

気温が11度ぐらいでしたので、春一番が吹いてから、急に気温が上がった感じです。
ストリングがやけに緩く感じます。

これぐらいの緩さで、ラケットドックにてフィットしていたので、今まで硬く張りすぎていたのかと思い至っています。

もう少し硬く張ってしまえば、思い切り振れるので、それも良いかもしれませんが、肘の状況を考えると、いたずらに硬く張ることは避けたい。

ですので、プレーの考え方を下記のようにしていきたいと思います。

・基本回転。ラリーで嫌がらずに、あせらずに。チャンスを待つ。
・コースを変えてくるときは、相手が上手いという事。
 もしくは単調すぎる。3on1
・チャンスボールや打てるときは、しっかり速球、又はコースを変えて打つ。
・疲れたときはボレーに出て体力温存。
・緩急をうまく使うこと。


フォアはしっかり開けばさほど問題はなくなってきている様子。
もう少し練度が必要です。

バックハンドで若干違和感を感じるのは、腕の力で回外を作っている感覚があるせいか。いままで、肩の線を少し使いすぎていたので、この辺りを最適化させて、手打ちにならないように上手く改善していきませんといけませんね。


練習はそこそこに、1ゲーム先取のダブルスチャンピオンゲーム。
目が固まってしまい、ピントがぜんぜん合ってきません。
目のコリをほぐすように目標物を追いかけるようにしてみたところ良かったかな。

少しあってきました。

肩もカッチカチだったようで、サーブとスマッシュがいまいち。
サーブはトスが安定していない。
スイングもちょっとあってないようで、安定しません。

スマッシュはもっと脚を使わなければなりませんね。
打点に上手くは入れていませんね。


試合中に、しっかり目の使い方と面感覚だけで調子は出ていたので、最低限の決まりとしておきたいと思います。
この感触を大事にしておきたい。
ラリー練習はもう少し行わなければなりません。

以下防備録

フォアの再現性

①目の使い方。
②体の開きの工夫
 ・しっかり横向きを止める
  ざっくりと45度
  そこから横にラケットを抜く
 ・肩の線に沿って逆らわずに振る。
  高い打点も肩の線をちょっと注意。
③面の入り方。
 ・ボールのちょいと外側から。
 ・若干下向きに入る。打球後は上向き。
 ・打球する前に先にグッと握る。

右肩もキッチリ出せているので、考えずとも回転も球速も上がっている。
アウトサイドインのほうが、結果的に強く(ヘッドスピードが速く)振れている。


今日はこんなところで。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成27年2月20日練習 | トップページ | 平成27年3月1日練習、考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/61190937

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年2月24日練習:

« 平成27年2月20日練習 | トップページ | 平成27年3月1日練習、考察 »