« 平成27年3月5日練習 | トップページ | 平成27年3月15日 BTL参加 »

2015/03/08

平成27年3月8日練習

今日はいつもの日曜練習会に少し参加。
その後、夕方からの別の練習会に参加しました。


フォアは開きの工夫としてのがに股ハノ字で前向きの再現性を練習。
バックハンドも同じ。
後は練度の問題かな。

目の使い方に集中できて、体も開いて打てているので、あまり考えずにこれまでよりも当たりが良くなっているようです。

ストリングは、ちょうどバボラのRPMブラストのロールが終わったので、1.25から1.3にゲージを太くして1ロール発注。

ちなみに冬季に張り上げ依頼したのは、ハイブリットで46lbs。
この気温の変化を受けて、もう少し張りが欲しいので、縦横同一ストリングの同じテンションで46lbs
テンションをクロスを落とす形で、縦48lbs、横44lbsもご提案頂きましたが、ラケットの特徴から、ボヨンとする感じは避けたかったので、同一テンションを選ぶことにしました。

太くなったこともあり、気持ち振り重みが増したのか、打球感が穏やかです。
面が安定していい感じです。


サービスについては、構えたときのラケットの方向がスイング方向。
その上でステップの位置関係をチェック。
30度ぐらいかな。
角度つけすぎていたようです。
適度に振りやすい。

試合中は目の使い方を重視。
大体打ててきているので、球筋と状況判断、自分のポジショニング、あせらずラリーを続けることが大切。
この我慢にあたるところをキッチリ行っていきたい。

この点については、振られたり、追い込まれたときは、少し弾道を高めにとって時間を稼ぐ。
浅くなりチャンスと見たら、スピードボールを送り込む。

こんな感じでプレースメントしました。
ただし、ダブルスではボレーにつかまるので、足元に沈めたい。もしくはロブ。


バックハンドは軸足ハの字がしっかり出来ていれば、打てている。
緊張すると、前足につい乗っかってしまうので、やや腰を低くしてつっかい棒になるようにすると、余計な心配はしなくともよさそう。

がんばります。

今日はこんなところで。


以下防備録


フォアの再現性

①目の使い方
②体の開きの工夫
 ・しっかり横向きを止める
  ざっくりと45度
  そこから横にラケットを抜く
 ・肩の線に沿って逆らわずに振る。
  高い打点も肩の線をちょっと注意。
 ・このときのステップをハノ字にする。
③面の入り方。
 ・ボールのちょいと外側から。
 ・若干下向きに入る。打球後は上向き。
 ・打球する前に先にグッと握る。

右肩もキッチリ出せると、考えずとも回転も球速も上がる。
アウトサイドインのほうが、結果的に強く(ヘッドスピードが速く)振れている。


バックハンド
 ・肩の線の使いかたの最適化
 ・ラケットヘッドの使い方を忘れないように。


プレーの考え方
・基本回転。ラリーで嫌がらずに、あせらずに。チャンスを待つ。
・コースを変えてくるときは、相手が上手いという事。
 もしくは単調すぎる。3on1
・チャンスボールや打てるときは、しっかり速球、又はコースを変えて打つ。
・疲れたときはボレーに出て体力温存。
・緩急をうまく使うこと。

試合中に、しっかり目の使い方と面感覚だけで調子は出ていたので、最低限の決まりとしておきたいと思います。
この感触を大事にしておきたい。
ラリー練習はもう少し行わなければなりません。


-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成27年3月5日練習 | トップページ | 平成27年3月15日 BTL参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/61251675

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年3月8日練習:

« 平成27年3月5日練習 | トップページ | 平成27年3月15日 BTL参加 »