« 平成27年4月4日練習 | トップページ | 平成27年4月24日練習 »

2015/04/12

平成27年4月12日練習

平成27年4月12日練習

12日は某練習会に参加。
日中でしたので前回よりは比較的暑い。

練習前に、前回思いついているところを軽くチェック。


サービス
・トスの高さ
 この一点に尽きるかもしれません。

 自分が2mのつもりで打ち下ろしは良好です。
 打点の幅について若干ながら迷いがありましたが、正面向いた肩のラインをイメージして、その延長線上にトスを。

 安定しました。


フォア
・面の調整を。ホンのちょっぴり厚くしたら直りました。
 今まで、どうやって打っているのだろうと思っていたぐらいのグリップの厚さに、段々と慣れてきたようです。
 これならば、多少面の柔らかさがあっても、回転がかかって安定しそうです。

 肩の線も積極的に使ってぶっ叩きます。


バック
・こちらも、面の調整を若干厚く。
・ラケットヘッドが下がってから、横に振りぬく。
 振りぬいて、打球後の面がスロートの下の面が平行になることをチェックポイントに。 面は垂直に。

 バックも厚いグリップに慣れてくると、親指の付け根の肉球?を面感覚に出来そうです。


スマッシュ
 壁打ちで大体の感覚を戻しておきましたが、ちょっと工夫して球をわざと○○○
 なるほど、軌道が見やすくなったかもしれません。
 とはいえ、いざ試合となると中々どうして安定しない。
 半々ぐらいかな。
 ちょっと練習が必要です。


全般的に
 ・目の使い方。予測力、対応力。
 ・肩の線を意識して。
 ・脚のハノ時の定位置を。


肘の痛みについては、いつの間にか消えました。
練習が少なかったので、幸いしたようです。

いずれにしても脱力スイングは止めます。

肩の線を意識してぶっ叩きますので、脱力して打つと肘の腱へのダメージがたまるようです。
打球時の一瞬前からはっきりしっかり握る。力む。
このことが強度と打球に直結するようです。


ストリングは、2種類。
いつものRPMブラスト1.3と、イソスピードプロフェッショナル1.3

今回は交互に使います。
グリップの感覚が変わってきたので、多少柔らかいほうがかえって伸びのあるスピンとボールが飛んでいくので、勝率がよかったようです。

ストリングは切り替えを検討します。


スイングに迷いがなくなってきたので、後半のプレーは目の使い方に集中。
動きは良かったと思います。


がんばります。


以下防備録

サービスは不安定。
補正
・ジャンプ
・正面を向いた時に腕をスイング。
・打点は軸のちょっぴり後ろ
・ちょっとボールの上を触るイメージ。

 面をいじったり色々やるのですが、ストリングの緩みと気温の変化か、収まらない。

 そこで浮かぶのが松原コーチのアドバイス。
 自分が2メートルあるつもりで下に打ちおろす。

 これを試したいと思います。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成27年4月4日練習 | トップページ | 平成27年4月24日練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/61429721

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年4月12日練習:

« 平成27年4月4日練習 | トップページ | 平成27年4月24日練習 »