« 平成27年6月13日14日白子テニスフェスティバル参加 | トップページ | 平成27年7月3日練習 »

2015/06/28

平成27年6月28日壁打ち練習

天候や諸般の事情のため、白子以来2週間ほど練習があいてしまい、本日も仕事と葬儀が重なっているため、練習会への参加は見合わせ。
そのかわり、仕事後の合間を見て、壁打ちのこそ練です。


白子の試合後の練習で、フォアとバックの調整をしましたが、そのときの感覚をしっかりと掴んでおこうという趣旨。
松原コーチのテニス塾で教わった点が非常にありがたく思います。
横向きなどの関係を整理。引き方です。


フォア
肩の線は打つ方向へ。(軽く開いておいても良し)
ラケットを持つ手は胸の正面側(右肩の上の位置に手首がくる)へ高い位置に。
このときに肩の角度。腕の向きですが、前ならえ。です。
肘は軽く曲がっていてよし。
腰を落としてオープンスタンス。


バック
肩の線は打つ方向へ。
ラケットを持つ手は胸の正面側(目の正面の高さに手首がくる)へ高い位置に。
このときに肩の角度。腕の向きですが、前ならえ。です。
肘は軽く曲がっていてよし。
腰を落として前足のまたの角度をしっかりと。


いずれも前で捉えますが、衝撃感のない伝わるポイントを掴んでいるので、そこで捉える。よって、引き方とそのポイントの確認だけで楽に球が飛んでいきます。

練習ですが、子供をスクールに通わせることになったので、ますます機会が減りそうなので、平日の練習機会を作ることにしました。

がんばります。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成27年6月13日14日白子テニスフェスティバル参加 | トップページ | 平成27年7月3日練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/61807135

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年6月28日壁打ち練習:

« 平成27年6月13日14日白子テニスフェスティバル参加 | トップページ | 平成27年7月3日練習 »