« 平成27年7月17日練習、18日練習 | トップページ | 平成27年7月31日練習 »

2015/07/25

平成27年7月24日練習、25日団体戦参加

24日は、金曜のいつもの練習会に参加です。
翌日の試合に向けてストロークの感覚を出すためです。
ありがとうございます。

構えのチェック。横向きなどの関係を整理。引き方です。


フォア
肩の線は打つ方向へ。(軽く開いておいても良し)
ラケットを持つ手は胸の正面側(右肩の上の位置に手首がくる)へ高い位置に。
このときに肩の角度。腕の向きですが、前ならえ。です。
肘は軽く曲がっていてよし。
腰を落としてオープンスタンス。

フォアの考え方はさほど間違ってない。
若干からだが開き気味でも問題ない。
高い位置にグリップを持っていけてないことが問題。
力を抜きすぎている。

このセットの際に、普通にまっすぐラケットを立てることにしました。

バック
肩の線は打つ方向へ。
ラケットを持つ手は胸の真正面(肩の高さに手首がくる)ほどほどに結構高い位置に。
このときに肩の角度。ラケットを両手で支えてまっすぐに立てる。
これによって、反動でヘッドを落としやすく、トップスピンを多くしやすくします。
手首はそれほど動いてないようです。

出来るだけ高い位置にセットするのがコツですが、なかなか上がりきらない。
特にスピード感があるラリーに間に合わない。
腕を気にすると肩の線が横に向けていない。
なので、三角形をキッチリ作ってしまえば、狂いようがない。

肘は軽く曲がっていてよし。
腰を落として前足のまたの角度をしっかりと。

フォアハンド
 グリップを少しだけ厚く握ることが出来れば・・・。
 吹かすのが減りそうです。

バックハンド
 前足の位置が決まらないと暴発気味。
 ラケットを立てて自信を持って振るほうがよさそう。

リターンについては、フォアバックともにレベルスイングでよいかもしれません。
特にバックは、はっきり縦に動きをつけることを意識するあまり、試合では安定していないかもしれません。

グリップをグッと握って振り切ったほうが安定したようです。


サーブは、段々となれてきました。
軽く伝わるポイントの確認と、球筋をイメージした上で、ラケットの通過線のイメージを。
トスは高く高く。
単純にトスの練習をすればよさそうです。
サーブはかなり調子良かったように思います。

がんばります。


25日は棒団体戦の試合です。mixリーグで私は男子シングルスを。


シングルス試合
6-2,0-6,6-7(9-11)

暑かった。
第2ゲームでは、暑さに負けて、相手にあわせる展開。
スイングがやんわりとなり、チキンになりました。
球のイメージを強く持って、振って行きますが、加減が入ります。
そして結果として、振り切れない分ミスが増えます。

ガットが緩い。
時間が取れず、約2ヶ月前の張りあがり状態のままであったので、距離が出てしまいます。

サービスのダブルフォルトが多かったので、その調整に費やし、ストロークも調整します。
けっきょく、自信を持って振り切ると入ることが分かってきたので、フォアはクロスの位置に的を絞って振り切っていきます。


第3ゲームは、0-3から逆襲開始です。
フォアの調子が上がってきました。
リターンでも炎天下でスピードが落ちてきたところを狙い撃ちします。

時折バックハンドに配給され、安定度が低いので凌がれてしまいます。
サービスandボレーは奇襲作戦。
数回続けると対応されるので、出続けますが、ここで足が攣り始めます。

大きく動けなくなったので、ストロークでロブ気味に回転をかけてつないでいきます。
我慢比べです。

お相手はゆったりとした球をロブ気味に送ってくるのがうまい。
配給も良く、侮ると痛い目にあいます。

4-3と持っていき、4-4、5-4となったところで、最後の1ポイントが握れません。
サービスとバックハンドの印象よりも、フォアハンドの肝心なところのミスが一番痛かったようです。
客観的に見て、フォアがいま少し。
疲れてきて、ラケットが重かったか。
鉛の位置か、張る量を少し調整する必要がありそうです。

白子の状況を考えるとこんなものかと思いましたが、僅かにやりすぎているようです。

6-5となっても、サーブが若干崩れ、最後の1ポイントを逃してしまいます。

タイブレークも、5-2までもって行きながら、
6-6まで追いつかれ、そこからシーソーゲーム。
9-10となり、最後にバックハンド側にプレースメントされ、ミスでエンド。

完敗です。


プレーの配給や、相手の調子の良し悪しの把握までは出来ていましたので、肝心のポイントを打ちにいったときの脚の攣りを気にしたスイングでミスは残念です。


今後の課題
・ラケットのセッティング調整
・サービスの調子の上げ方
 (長く出ていたので下がって打つことに気がつくのが遅い)
・ストロークの練習量の確保

がんばります。

今日はこんなところで。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成27年7月17日練習、18日練習 | トップページ | 平成27年7月31日練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/61956422

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年7月24日練習、25日団体戦参加:

« 平成27年7月17日練習、18日練習 | トップページ | 平成27年7月31日練習 »