« 平成27年6月28日壁打ち練習 | トップページ | 平成27年7月5日tennis off参加 »

2015/07/04

平成27年7月3日練習

平成27年7月3日練習


天候の合間を縫って練習会に参加です。
仕事で遅れて参加させて頂きました。
ありがとうございます。

壁打ちの成果が出ています。
特に構えのチェックは良かったと思います。
横向きなどの関係を整理。引き方です。


フォア
肩の線は打つ方向へ。(軽く開いておいても良し)
ラケットを持つ手は胸の正面側(右肩の上の位置に手首がくる)へ高い位置に。
このときに肩の角度。腕の向きですが、前ならえ。です。
肘は軽く曲がっていてよし。
腰を落としてオープンスタンス。


バック
肩の線は打つ方向へ。
ラケットを持つ手は胸の正面側(目の正面の高さに手首がくる)へ高い位置に。
このときに肩の角度。腕の向きですが、前ならえ。です。
肘は軽く曲がっていてよし。
腰を落として前足のまたの角度をしっかりと。


ココから振り出すイメージでよいですね。
球筋をイメージしておくと、体が勝手に引き足して調整します。

いずれも前で捉えますが、衝撃感のない伝わるポイントを掴んでいるので、そこで捉える。
よって、引き方とそのポイントの確認だけで楽に球が飛んでいきます。


スマッシュもまあまあ。

ボレーも大きいスイングを心がけていきます。
バウンド後に滑ってくるとお相手に言われましたので、あっていると思います。

サーブも、軽く伝わるポイントの確認と、ラケットの通過点のイメージだけを強くもつようにしました。
入っていると思います。


ストリングがやや緩かったのですが、グリップの調整で何とかなったようです。
第3関節の位置。より手のひらに近い位置でのグリップとの位置関係のチェックが一番狂いがなさそうです。
指輪をしていると判りますが、グリップのやせ具合と、手のむくみ具合でしょうか。
先のほうで合わせるとよくありません。


がんばります。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成27年6月28日壁打ち練習 | トップページ | 平成27年7月5日tennis off参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/61833304

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年7月3日練習:

« 平成27年6月28日壁打ち練習 | トップページ | 平成27年7月5日tennis off参加 »