« 平成27年11月8日KTC団体戦試合 | トップページ | 平成27年11月22日練習 »

2015/11/14

平成27年11月13日練習

11月13日は、いつもの金曜練習会です。


サービス

 肩の線を使う。
◎打球の飛球線は、打ち下ろしイメージ。(◎ボールの上を触る)
 軸の少し後ろで触る。
◎腕を捻りきる。

スマッシュ

◎肘の高さ。
・動きの遅さ。
・体の(肩の)開き具合。
◎腕を捻りきる。
◎打点に入ること。

◎打点にはいる位置ですが、ラケットの先を指しておく。
 そのラケットが見えている位置の真上ぐらい。

・スマッシュは、肘を上げることを意識して。
 そして手首を折ってラケットの角度を。
 球を(打点を)ラケットの先で指しておく
 松岡修三の番組のように斜め上にラケットを向けてこの手首の角度を作る。
 すると、スイングして打球すると、その形がしっかり戻ってくる。

ボレー

手首は120度。肩軸で打つ。
ただし肩の線ではない。

◎鳥の羽ばたき
・フォアボレーは脇をあけるように引く。
 逆クロスの面の使い方も試す。
 体制を整えることを重視して。
・今日は少しだけコンパクトに。
・面は直立。


試合では、試合運びに重点を置いて臨みます。
①打球後に相手を見るポイントを重視。
 相手の手を感じる。

②コートにバウンドしたボールに対して判断。実行。
・守備に徹する
・攻撃に転ずる
・ポイントを取る

特にポイントを取るときはミスしても良い。
最後を取れるからこそ差をつけられる。
されど、意識しすぎて消極的になることは、良くない。
ポイントを取る、攻撃に転ずるときの自分の判断を信じて積極的に。

そして、試合後は、どういう姿勢や作戦で臨んだかを振り返る。
これがないと次につながらない。

まだ訓練が必要です。
ありがとうございました。


ちょっと今日は、スイングの仕方に気持ちが移ってしまい、ゲームメイクや球に集中できていなかった。反省。

フォアは、引く位置を考えすぎか。
普通に引いて、球に合わせて、はしょるべきでした。
フォアが中々走らなかったので、スイングを整理。
○お腹を意識して腰を使う。しっかり前向き。
◎打球後にグッ!と引っ張り込み。
打球後にトップスピードを作るように。

バックは、もう少し落差を作る必要があります。
引いた位置が低い。
そこから腰の位置に落とすと同時に腰を入れる。


RPMブラスト1.3を40lbsを使いました。
今回は距離が出る感じ。
もう緩いか。
前回は雨の日でしたので、重さが影響したかな。

通常のテンションは、43~41間での範囲がよさそうです。
夜間の気温は15度ぐらいかな?
近く張りなおします。


今日はこんなところで。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成27年11月8日KTC団体戦試合 | トップページ | 平成27年11月22日練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/62672389

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年11月13日練習:

« 平成27年11月8日KTC団体戦試合 | トップページ | 平成27年11月22日練習 »