« 平成28年2月26日練習 | トップページ | テニスラケット考察 »

2016/03/08

平成28年3月4日練習、6日練習

4日はいつもの金曜練習会です。

ダブルスと、シングルの練習試合を少しさせていただきました。
ありがとうございました。
目の使い方を最重要課題に取り組みます。

ラケットの調整状況

トップ部に2gを貼りました。
ナイロンガットを張ったものはさほど重さを感じないで使えます。

ところが、ポリを張ったものは、重さを感じます。
目の細かな場所がトップに移っているラケットなためでしょうか。
ちょっとその変化が大きめに感じられます。
ストリングを貼りなおした後、店舗で計測すると、やはり同じような数値が出てきます。
太めのポリの場合は、緩く張り35lbs。
鉛も少し減らそうか思案中です。

元グリップも薄手の物に換装するか、オーバーグリップをはがしていろいろ試してみたいと思います。

自分の感覚を信じて調整したいと思います。


6日はいつもの日曜練習会に参加です。
行く道中に雨が降っていましたが、現地到着後は止んでいました。

ダブルスを時間まで4H行います。

鉛を1gはがして使います。
ポリガットを張ったものは、これでも長時間はつらく感じるので、振り遅れる。
それを補う形で、手首を使いすぎている感があるので、来週は最終的には鉛をすべて剥がしてノーマル状態に戻してみようと思います。

調整をキモニーの鉛で行っていますが、これでもまだ重たいのか。
ゴルフ用の超極薄の鉛に切り替えてみたいとも思います。


球筋のイメージとしては、ネットの倍の高さを超えないような球筋のイメージ。
着地点はあまり考えなくとも、それなりに回転がかかり入るので、まずはその方法を。
そして、コートのどの面に打つかをイメージして、球筋に集中します。

こうしたイメージの中で、打球時のラケット軌道の対角線や、スイング方向が自然と決定されるみたいで、スイングを考えすぎずとも最適なスイングになっているようです。

球の打球時の打ちだし角度が最適化され、自然とそのスイングに収束する感覚かな。
あとは準備さえしっかりできればよい感覚です。

頑張ります。
今日はこんなところで。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成28年2月26日練習 | トップページ | テニスラケット考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/63314262

この記事へのトラックバック一覧です: 平成28年3月4日練習、6日練習:

« 平成28年2月26日練習 | トップページ | テニスラケット考察 »