« 平成28年8月26日練習、27日テニスオフ参加 | トップページ | 平成28年9月2日練習、9月4日KTCmix試合参加 »

2016/08/28

平成28年8月28日練習

8月28日は日曜の練習会に参加です。
いつもありがとうございます。

課題
フォアハンドについては、体の正面が向き切れていない。
体が邪魔して腕を上手い形で振り切れていない。


スイング練習

フォアハンド改善策
体を開いたまま腕を振る。
 案外いける。
 特にリターンでは有効。
 間のない時はこれに限ります。

慣れてきたら、少し体の軸を回す。
 極端に言うと、引いた手首の位置を動かさずに体を開く。
 そこから腕を振る。
 これも極端に間を取ると振り遅れる。
 その塩梅が判ってくるとよい感じ。


バックハンド
 横向きになった際に、グリップを体から離す。
 そしてできるだけ高めに構える。
 グリップは角度をつけてしっかり握り打球時の面を作る。


フォアもバックもグリップをしっかり決める。
そして、引いたときにフォアはラケットを立てる。
バックも同じかな。

振り出すときにラケットヘッドが下がる。
その下がり具合で振りぬいたときのボールへの入射角が決まるぐらいに思っておく。
そのラインを決定するのは、球筋のイメージ。
これ大事。

そしてワイパー。
フォアはラケット面の裏側が左手の上腕に触れるように引っ張り込む。
バックは回外を積極的に使う。

ラケットヘッドが上に行く分には構わない。
それによりループ気味の球を左右に送り甘いが球が来たら、レベルスイングでラケットヘッドの下がりを真横までにしてぶっ叩く。
ライジングには特に有効。

良い感覚をしっかり身に着ける(習熟する)


球を受けていた方から、「球が伸びてきました」とお話をいただきました。
多分方向性はあっていると思います。
ありがとうございました。


試合はダブルスの4先アドあり。
スナップに慣れてくると深さが出るので、グリップのしっかり握り具合とワイパーとの塩梅でコントロールを。
入らないことには使い物にならない。


スイングを考えすぎると画一的になり、球に合わせた深さ高さなどがうまくいかない。
やり取りの練度も上げないといけません。


頑張ります。

今日はこんなところで。

-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成28年8月26日練習、27日テニスオフ参加 | トップページ | 平成28年9月2日練習、9月4日KTCmix試合参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/64123687

この記事へのトラックバック一覧です: 平成28年8月28日練習:

« 平成28年8月26日練習、27日テニスオフ参加 | トップページ | 平成28年9月2日練習、9月4日KTCmix試合参加 »