« 平成28年11月25日練習 | トップページ | 平成28年11月29日練習、12月4日練習 »

2016/11/27

平成28年11月27日練習

11月27日は日曜日の金曜日の練習会。
いつもありがとうございます。


グリップの確認。
 テニスコーチ研修会の基本に戻り始発駅の握りのチェック。
 引いたときのラケットですが、左サイドの上側に当たる面が垂直になるように。
 ラケットヘッドが80度くらいです。
 振り出しのタイムラグが減り、合いやすい。

フォア
 軸足のつま先を正面。右足を前に。
 ラケットヘッドを感じながらスイング。

(ヘッドスピードを上げるたの工夫)
 ラケットヘッドが打球点の場所に到達する際に、グリップが一瞬先に先行し、その後ラケットヘッドがすぐに追い抜く。
 このタイムラグを感じながらスイング。

 結構前に腕を突き出し、その勢いで勝手にフラット気味の動きと回内の動きがMIXされる。そして引っ張り込まれる。

 ラケットヘッドの到達位置に意識が向きやすいので、タイミングも合わせやすい。
 フレシキブルに打点の高さに合わせたスイングも出来ている。

バック
 前足をしっかり前に。
  (膝を曲げて体制を十分に)
 ラケットを回外できっちり走らせる。

全体として、エラーしない面作りが身についたのならば、ラケットヘッドの加速を意識するだけで、そのスピードもコンスタントに出せて、サービスもストロークもスマッシュも安定する。
ボレーもタッチはうまく行っていた。


サービス
 前回の肩の線を意識するスイングはどうも違う。
 結局のところ、フォア、サービス、スマッシュは正面向いてから腕振るのがコツ。
 その上で、ラケットヘッドの加速を感じながら、ボールの上を触る。

 1箇所に意識が向くと全体が崩れやすい。


練習後に雨が。ラッキーでした。

その後、ラケットのガットを張替え。
テンションを3つ上げました。
ハイブリットにしているので、縦NXT pro 48、横ブラスト1.3 44。

ラケットヘッドを利かせるスイングが少しは身につくと良いのですが。


今日はこんなところで。

-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成28年11月25日練習 | トップページ | 平成28年11月29日練習、12月4日練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/64551887

この記事へのトラックバック一覧です: 平成28年11月27日練習:

« 平成28年11月25日練習 | トップページ | 平成28年11月29日練習、12月4日練習 »