« 平成28年11月29日練習、12月4日練習 | トップページ | 平成28年12月11日試合 »

2016/12/09

平成28年12月9日練習

12月9日は金曜練習会の参加。
どうもありがとうございました。

フォアハンド
・始発点となるグリップの確認。
 打球時の形を最初に作る。
 このあたりは松原コーチの教えのとおりです。
・ステップの確認。オープンスタンス。なんなら軸足を前に。足の先は前に向ける。
・引いたときに立てたりグリップの角度を色々と付けてみたりと工夫しましたが、やめました。
・スイング中に回外でラケットヘッドが一瞬下に下りきってから、一気に腕を振る。
 正面向いて腕振る!
 これで回内も勝手にかかる。
・手首の動きでフラットに振れる動きは、勝手になる。
 意図的に手の動きで付け足そうとすると、付け足したパワーが邪魔で崩れる。
 左手を折りたたみ、体の動きを軽くつけてやることで、勝手にそうなるので考えない。
これにより、打球時のヘッドスピードを安定してかける。

バックハンド
・始発点となるグリップの確認。
 きっちり握り、グリップ面を固定。
 そのときにラケットをきっちりと立てる。
 そして相手に面を向けておく。
・立てることでスイング中に回内でラケットヘッドが一瞬下に下りきり、一気に腕を振る。
 これで回外も勝手にかかる。
・フラットに振れる動きは勝手になる。
 強いていうならば、手を体から話してセットしたときに、ラケットヘッドが左側の頭の位置、体が横を向いているので、ラケットヘッドが打球方向に対して頭の真後ろの位置を通過する。
 これにより、手首の動きでフラットに振れる動きが勝手になる。


フォアもバックも、ラケットヘッドが打点に対して一瞬下に下がることで上方向の動きがつくので回転がかかる。
だから恐れずに、びゅ!っと振り抜くことが大事。


サービス
スマッシュ

・フォアもサービスもスマッシュも体が前に向いてから腕振るだけ。
 難しく考えない。
 今日はこれだけでも良い状態で振り切れていた。
 球も早かった様子で、豪の者もいた中で、エースやエラーを引き出していたと思う。


やっと試合に向けて手応えが得られたか。
ガットが切れたので張替えに出したいところです。
あまり切れない方だったのですが、どうしたのかな。


今日はこんなところで。

-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成28年11月29日練習、12月4日練習 | トップページ | 平成28年12月11日試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/64604218

この記事へのトラックバック一覧です: 平成28年12月9日練習:

« 平成28年11月29日練習、12月4日練習 | トップページ | 平成28年12月11日試合 »