« 平成29年1月22日練習 | トップページ | 平成29年2月8日出稽古 »

2017/01/29

平成29年1月27日練習、29日練習

金曜は人数が集まらず、シングルスと相成りました。

ちょっとストレッチとアップが足らなかったので、翌日、右太もも内側、お股のあたりの筋を痛めていたようです。

シングルス
8-7、6-6

対戦相手の提案で、市民戦の模擬戦を。
8ゲーム先取ノーアドで。

サービス。
右ひじが軽く曲がった具合で、トスを上げ、右肩の上ぐらい。
そうすると、腕振るだけでは威力が出ないとわかっているので、体が自然と肩の線を使いだす。
厚く当てる。ボールの上を触る。
ドライブが勝手にかかってくれる。
ミスするときはトスの問題が大半。
ほぼスランプを脱したと思います。

浅くなったリターンは、手首先行のワイパー。
うまくいって、6-0まで先行したのですが、サービスに対して対応されラリーの展開に。
そこで、調子が若干狂いだしました。

回内回外を意識してストロークをしたが、ボールが高く出てオーバー。
押す感覚が強くなるとオーバー。
スイングが小さくなる悪循環。
ワイパーでねじ込むスイングに終始。

球筋をネットの高さ制限でねじ込む。
打ち方を気にしない。
合ってきましたが、相手もたまに慣れてきて合わせるタッチが冴えてくる。

アングルとロブで動かされる。要所はバックにスライスっぽく深く打ってくる。
深い弾まないボールで前に詰めるセオリー。
バックハンドはスライスで対応するも、合わせやすく角度をつけられる苦しい展開。

走り、追いつき、アングル、ストレート。
前に出て浅く高く上がったチャンスボールを決めたりミスしたり。
結果として6-6。
そこから巻き返し、高い打点に打たせながら、ワイパーでねじ込み、何とか勝利。

続く第二セットは追いかける展開。

サービスゲームでキープされ、ブレイクされると0-2できつい展開。
何とか食い下がるも、0-3と離されますが、サーブの復調とストロークを何とか逆を突くことで追いつき、時間となり、6-5から、追いつき6-6となり終了となりました。
いい練習になりました。ありがとうございました。
この後、試合を分析。

サービスはこの考え方で良い。

フォアは、ストリングが緩くなり、気温も高かったのもあるかもしれない。
だが、それは当たり前位の変化。うまく対応するには。
肩の線を上手く使った、腕を横振りレベルスイング。
そして、手首を固定して回内回外を利用したワイパーを積極的に。

球筋イメージができているときのスイングの変化を感じ取り、これで対応できると踏んでいます。

バックハンドは、しっかり厚いグリップを決める。
グリップが決まると打点も決まる。
前打点で回内回外を使ったワイパー。
腕振り方の内部イメージはしっかり縦に。

そして、29日は、いつもの日曜練習会に参加です。
子供とお邪魔させていただきいつも恐縮です。
いつもありがとうございました。


今回の注意点。

バックハンド
 グリップを固めて、体の前で回外を使って縦スイングする感覚。
 このグリップとスイング感覚がある中で、前足ステップとぶっ叩き。

フォアハンド
 グリップを固める。
 指3本は忘れること。レベルスイングをすることで、スナップの動きが入る。これを利用する。
 回内を使って引っ張り込む。

ボールの集中の仕方。

ラケット
 ストリングセッティング
 今回はそのまま46lbs
 今度は、縦を48、横を46lbsにしてみたいと思います。


目の使い方はうまくいっている。
相手の動きを見ているが、自陣に落ちてきた球の状況を見て動く。
相手に送る球の高さも工夫。

球筋の使い分けに気持ちが向くようになってきている。
そのまま練度を高める。
練習が必要です。


今日はこんなところで。


-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成29年1月22日練習 | トップページ | 平成29年2月8日出稽古 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/64826226

この記事へのトラックバック一覧です: 平成29年1月27日練習、29日練習:

« 平成29年1月22日練習 | トップページ | 平成29年2月8日出稽古 »