« 平成29年 今年の目標 | トップページ | 平成29年1月9日テニスオフ参加 »

2017/01/07

平成29年1月6日練習、7日ストリング張替え

本日は、いつもの金曜練習会に参加です。
30分ほど遅れての参加なので、軽くサービスのあと、いきなり試合。

ストロークが最初タイミングがあいませんでした。
気温が2度で球が飛ばなかったこともあり、無意識に押し出すスイングになっていた。
すぐに気が付き、グリップをしっかり目に握り、回外回内をしっかりと使う。
軽く前傾姿勢で。自然と膝も曲がる。
体の開きもセットで。
すぐに復調。

サービスは、
・トスの位置。自分が動いて軽く微調整。玉の下に入る。
・肩の線を意識して。
・内旋を意識して。
・最後に回内を意識して。
・ボールの上を触る。

一つ一つ確認して調子が上がってきました。


寒かったせいか、集中して使っていたラケットのほうがストリングが切れました。
ちょっと痛い出費。


翌日はストリングの張替えにいつもお世話になっているお店へ。
試合が落ち着いているので、ストリングセッティングを調整。

先ずは打ち負け感が気になるので、ストリングを外した状態でSWを調整。
同店で図ると、292swでありましたので、3ポイントUPをお願い。
キモニー リードテープスリムを合計1g、トップ部に集中投下。
ピッタリ3ポイントUPしました。

その上でストリングを物色。
ポリストリングで、ゲージは1.25mmにすることはこちらからお願いし、種類は相談させていただきました。

ご提案頂いたのは、ルキシロン エレメント 1.25mm

テンションもご相談。
切れた糸はハイブリットに縦48lbs.横44lbsに張り上げていました。

社長も普段、ポリを違う種類で同じテンションに張り上げていた。
ちょっとフラット気味に当てに行くと伸びが良いと気に入られていた様子。

今のセッティングだと、ちょっと上に出るのが気になるとご相談。

色々と考えて、縦は48lbs。
横は、頭を締めて、あとは緩くする方法。
頭の3~5本を縦と同じテンションで張り、あとは合計4lbsほど緩めていく方法。

頭を締めることで、ラケットヘッドのアーチが安定して、縦糸が引き締まる。
あとは、自分自身がどのあたりで打っているかでフィーリングを見ることにしました。

切れた糸をハサミを入れたあと、そのままの状態で持っていたのがヒントになりました。切れた位置とノッチの入り具合が参考になりました。

なお、張り上げ後のswは、326sw。295から31ポイントup。
もう一張のラケットは切れずに残っている。図ってみるとswは、325sw。

試しに手で軽く振ってみると同じような感触。
でも、ストリング全体の重さで増える感触と、鉛をトップに張った状態の感触では、面をポンポンと当てたときの感触は、鉛をトップに貼っている方が効いている感じがある。

明日の練習が楽しみです。
雨が降らない事を祈って。


今日はこんなところで。


-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成29年 今年の目標 | トップページ | 平成29年1月9日テニスオフ参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/64732953

この記事へのトラックバック一覧です: 平成29年1月6日練習、7日ストリング張替え:

« 平成29年 今年の目標 | トップページ | 平成29年1月9日テニスオフ参加 »