« 平成29年5月12日練習 | トップページ | 平成29年5月21日団体戦参加 »

2017/05/15

平成29年5月14日団体戦参加

5月14日(日)は某団体戦に参加です。
前日の雨の影響もなく整備にはさほど時間もかからず十分な練習時間が取れました。
ところが、先週の調子が飛んでしまっている。
バックハンドが危うい。

ちょっとドライブをかけるためにしっかり縦にを気にしすぎて、足の速いコートに合わせづらい。
もうちょっと怖がらずにバックハンドワイパーを意識していたほうが簡単なようです。
振り子の時間が稼げないので、ちょっと横降り要素を増やして、まずはしっかり合わせていく。
そんでもって振りぬく。


ダブルス4で参戦。
ジュース無。
1-2で敗退。
4-6,6-2、スーパータイブレーク5-10

序盤は少しこちら側にミス多し。
相手側も堅く組み立ててきます。

第2セットはこちらの調子が上がったことと、相手側が我慢しきれずにミスする形で手堅く取れました。

第3セットはスーパータイブレークの冒頭の入りが悪かった。
そして、相手が無理を一切しない待ちのテニスに切り替えた。
そこで、こちらのミスが少し目立って持っていかれた感じです。
相手側のポーチも要所で光っていた。調子が最後に出ていたと思います。


試合自体は7-2でチームの勝利。

試合後の練習では、3人で時間までシングルスを。
二人相手したら1回休み。
1ゲームごとに入れ替わってお互いに評価指摘をし合います。

バックはしっかりつなぐことが大事と改めて感じます。
こちらがミスすると相手は助かる。
合わせるだけで返した球も、相手側はバウンドした球を打つために合わせが難しいものなんだなと感じました。
逆にスライスは直線的で合わせやすい。
ショートクロスも有効。なので、鉛を外しましたが、全体を通してこれが良かった。

角度をつけて走らせることや、相手に思うように打たせないようにちょっと振ることが、一発の威力より大切です。
(一発はしっかり握ってヘッドスピードが稼げるフルスイングで十分です。試合で緊張した状態でもきっちり入る球が大切です。)
そのコントロールできるちょうどよいSWをチョイスできていることが大切です。

前回のテニスオフでも、雑談でおっしゃっていたのが、年配の方が、20代前半の方と対戦しますが、サービスラインのコーナーにストロークを軽く振って走らせ、チャンスを作る戦法であっけなく勝利されるのを目の当たりにしたとか。
参考にしなければなりません。


ガットは緩いので張りなおしてもよいと思います。
緩み、甘さはバックハンドのコントロールが扱いづらくなります。
この時期の試合は、勝とうと思うとお金かかりますな。


今日はこんなところで。

-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 平成29年5月12日練習 | トップページ | 平成29年5月21日団体戦参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89982/65283925

この記事へのトラックバック一覧です: 平成29年5月14日団体戦参加:

« 平成29年5月12日練習 | トップページ | 平成29年5月21日団体戦参加 »