2017/01/03

平成29年 今年の目標

謹賀新年
本年もよろしくお願いいたします。

さて。本年の目標を立てておきたいと思います。


現在のプロの試合展開は、同じところにあまり打たない。
展開が主体。

しかしながら、展開主体の試合展開に慣れすぎて、変えようとするとき、ミスが増える。また、上に上がると最終的にストローク力が求められ、その差が試合結果に反映する。
最終的には基本がモノを言う。

よって、

練習では
 ストローク等の基本練習をしっかりと重視して練習。
 実は案外と、これを嫌がる。
 そういう練習をする機会を自分から作るようにしたい。

試合では
 打ち方を考えているのではなく、球筋を重視する。
 受けと攻め。バッティングの考えと一緒。表裏一体。
 試合が始まったら、たまに集中することが大切。

 それこそ、持っている技術で何とかするしかない。そこで初めて根性が必要。
 技術云々ではなく、勝つのである。


練習の課題

体の向き動きがあって、最後に最終的には腕を振る。
そこに回内回外、フラット方向の手首の動きなどが関連する。
手首で作るわけではないが、手を振る感覚。
手だけではないけれど、間に合わないときは最終的には腕を振る。

バックハンドは前足のステップが重要。
試合で緊張するとそこが狂って全体が調子が悪くなる。そこを注意。

そして、目の使い方。
ネットの上の高さの設定。真ん中の高さの倍ぐらいまでに設定してそこを通す。

ステップ、前傾姿勢、回内回外でのラケットの抜き方。


サービスが調子悪く参りました。
 回内を意識し過ぎか。
 昔の調子を思い出します。
 今回は、トスの位置、肩の線を使うこと、正面向いて腕振る。
 調子の良いとき悪いときがムラがあり。
 多分、内旋を意識してスイングすることを忘れている。
 何処かで頑張って練習してみたい。

 トスの位置。フォアとバックで微妙に違っている。
 意識して。


以後頑張ります。
今日はこんなところで。


-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/01

平成28年1月1日考察

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


今年の目標や課題などを設定しておきたいと思います。
特に、試合と練習の時の切り替えを重視しておきたいと思います。


前提
 試合と練習の際の切り替え。
 ボールに集中することが第一。
 試合の際は、スイングの注意点は考えないこと。


試合面
 集中の持っていきかたに注力する。
 ・目の使い方
 ・本来やるべきこと(予測・判断・実行)をしっかり見定める


練習の使い分け
 素振り  自分のイメージ通りに触れるのが良い。
      繰り返しでスイングを固められる

 壁打ち  予想するイメージからさほど狂わない。
      軽いランダムが入りながら、繰り返しで基本スイングを体にしみこませる。
      収納ボックスにしまう。

 練習   相手にもよりますが、その最終チェック程度に。
      テニスは基本的に相手に合わせる部分と、自分の打球イメージに分けられる

 試合   球のやり取りに集中して。
      ボジション取りとタイミング、リスケジュールがなければ何も生まれない。
      相手の空間が開いているようでも、自分が崩されているときはどうなのか。

      うまいように見えて負けてしまうのは、状況判断能力が欠けているということ。
      ここを鍛えなければ勝負強さは生まれない。
      相手の状況観察も重視していたが、自分の状況観察も行うこと。


技術面
 フォア
  ・引き方(腰の向き○○度、ラケット面の向き、位置・特に高さ)
  ・体を正面(肩の線)向けてから、腕を振る。
  ・フィニッシュをはっきりイメージ(ラケットの位置は左腰、体の向きは左)
  ・ボールに集中するときは、
    ・面の感触を一定に
    ・ボールの少し○○側からラケットが入ってくる
  ・横に流れるのはある程度良いが、前後にぶれるのは良くない。しっかり止まる
  ・私の癖は、顔を決める。(軸を決める)男は顔が命と思うこと。

 バック
  ・引き方(ラケット面の向き、位置・特に高さ・体から離す、そして右肩を下げる)
  ・前でとる意識が成功に結び付く(前足の屈折・腰、膝)
  ・ラケットヘッドが落ちた瞬間に、○○○を○○に向ける。これで合わせる)
  ・ラケットヘッドは膝より下を通過する。
  ・ラケットワークを確認する。(あくまでもヘッドが落ちていること)
  ・うち終わりは右肩が上がる。
  ※バックは特に直線的になりやすいので、意識して上下動をつけるのがコツ。
  ※横に流れるのはある程度良いが、前後にぶれるのは良くない。しっかり蹴り戻しで止まる。

 フォアボレー
  ・構えで引きは決まる。
  ・引いたときは面が下に向いている
  ・そこから鳥の羽ばたき。
  ・手首は使わない
  ・体制が悪い状態で打つので体軸は使わない。
  ・肩の振り子が基本
  ・振って合わせる。スライスの延長線上にある。

 バックボレー
  ・引いたときは面を立てる(軽く下向いてもよい)
  ・そこから肩の振り子が基本。手首は使わない。
   (肩が前にあるために、自然と一定化する)

 バックハイボレー
  ・引いたときは面を立てる。クッと軽く顔に向ける
  ・○○道の○○のイメージ。その時に軽く回外する

 スマッシュ
  ・肘を肩の高さに。
  ・肘から先の振り子のリズムに逆らわない。
  ・そのリズム(波動)をゆっくり使えるようにするのが安定するコツ
   下がりながら振ること
  ・振り子の波動リズムで打つだけなので、正面向いて打つのがコツ
   横なんか向かないつもりで。
  ・来る!と思った瞬間に最初の一歩をいかに早くするかがコツ。
   そのあとは惰性で調整するくらいのつもりで。
   そのポジショニングでほぼ決まる。
  ※波動が判ってくると、簡単な種目です。
  ※打点は軸の○○○

 サービス
  ・波動を使って疲れているときも安定させる
  ・私の場合、開始位置のステップと、球とラケットが重なる位置で球を上げるのがコツ。
  ・打球時にボールの○○を触る
  ・腕を捻りきる
  ・運動連鎖のコツは、軽く○○上がる。


引きができていれば、すべてのショットは面の感触でOK!

頑張ります。


ラケットは、鉛の貼り付け位置を少しグリップ側にずらします。
打球する場所が、静電気でごみがついてつかめているので、その位置に微調整。
横糸の一番上の位置をスタートにしていましたが、
横糸の3番目の位置にしてみました。

疲れた腕の素振りでは良い感じ。
年明けの練習が楽しみですね。


今日はこんなところで。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加し

ています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/06

フォアの再現性考察

フォアの再現性考察

今週は練習会の開催がないのと、週末の参加が微妙な状況。
そこで、ちょっと思いついていることをメモ。

フォアの体の開きの再現性について

体の向きを左に向きにくいことで、苦労中ですが、過去に頂いていたアドバイスをふと思い出しました。

・どんなに小さなスイングでも、軸足(右足)から、前足(左足)に体重を乗せかえること。

いくら上体の線を意識しても、脚(ステップ)が横向きではうまくむけない。
なので、オープンスタンスなのですが、サイドに走らされたときにうまく再現できない。
・クロスへの切り返しの際は、少し遠めに構えておいて、打ち終わったら射線上に重なるように。

・要するに飛び上がる。


上記テクニックを使い、ステップの向きと、軸足の蹴りで、省エネしながらしっかり肩を結んだ線を使う。

こんな感じで取り組んでみたいと思います。


あとは、今までの矯正法(常識的な基本として)の確認。
という感じです。


最初の設定。
○体軸を意識した打球をした上でワイパーを使うこと。
 今回はこれを無理なく行うために苦労しているところ。

◎ラケット面を外(下)に向ける。
 グリップを確認して、フルウエスタンにすればよいこと。
◎ラケットワーク、セット位置、ワイパーの簡単な基本
 特にボールとラケット面の関係性。
◎肩の線を意識して。
 ・右肩が打ち終わりに打球方向へ(体が左に向く)
 ・高い打点のときは、その線を斜めに。
◎振りぬくラインを肩の線に合わせて斜めに。


慣れてくれば、試合中は、目の使い方と面感覚(入り方)。
がんばります。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/01

平成27年1月1日考察

新年明けましておめでとうございます。

さて、今年のテニスの目標ですが、体をシェイプして、試合に積極的に出て行きたいと思います。
そして、下記4点の修正。

課題
(技術面)
 ①フォアの体の開きの再現性。
 ②バックハンドの練度。
 ③スマッシュの準備。練度。
 ④サービスでの動きのつけ方

(試合面)
 経験不足
 目の使い方の修練


今日は、特にフォアハンドの修正の思いついたことを書いてみたいと思います。

最近、ステップが昔に戻っている。
ストリングセッティングがハードなので、知らない間に昔の打ち方になっている。
だから開きにくい。

改善案
 ストリングを緩く
 軸足を、前足より前にステップして打つ
 腰も前を向く。(モモのけりだし。足の裏を後ろに見せるぐらい)
 右ひじを打ち終わりに打球方向に向ける。
 左脇への引っ張り込み。
 体軸を意識した打球をした上でワイパーを使うこと。

 意識しすぎない。かたっぽを考えたら、かたっぽを忘れないこと。

今日はこんなところで。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/01

平成26年10月1日ストローク考察

この週末は祭事の対応とともに、疲れのため、本日は臨時休業としました。
休暇を取り、丸1日寝ておりました。

寝ながら考えていたのは、ストロークの不調。
ラケット変更の影響もありますが、いま少しストロークの安定感を出さなければならない。

思い至ったのが、グリップの握り具合。
やや厚めのセミウエスタンなのですが、微妙に打ち出し角度が高いのでオーバーしていると思われたので、もう一段階厚くすることにしました。

今使用しているラケットはスリクソン revo v 3.0 sw284のものです。
直前に使用していたラケットはウイルソン steam100 sw286です。

縦横のストリングの違いは横糸1本ですが、スリクソンにはラケットトップに特徴があり、とても振動が少なく、たわみを感じます。

この分だけ面の上でボールが沈み込むので、打ち出し角度が上がっているのではと考えております。

前ラケットはテンション45lbsでしたが、肘にダメージが蓄積したため、耐え切れずに交代を余儀なくいたしました。
今回のラケットはすっきりした打球感の中で余計な振動がなくなったという感じです。


練習方法としては、
①ハードコートでバウンドの高い球を打つように意識する。

フォア
②グリップを気持ち厚く。人差し指の第一関節と第2関節の間の肉球が、面の位置に。
③あとは今までどおり面を感じながら、余計な回内回外を使わないで打つ。
でよいかなという感じです。

バック
④バックハンドもやや厚く。
⑤後は今までどおり面を感じながら打つ。


ちょうど、フォアとバックのいつもの握りが左右逆転する感じです。


あとは、今までどおり試合重視で。
目の使い方に従っていくこと。

バックハンドがおかしかったので修正。
前足のステップがいまいち前に踏み込めてなかったようです。

最近は上体やラケットヘッドばかり気にしていたのがいけなかったのかな。
次回に生かしていきたいと思います。


今日はこんなところで。


-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/09

平成26年8月9日視覚行動研究所スポーツアイ検査受診、練習

平成26年8月9日視覚行動研究所スポーツアイ検査受診、練習


9日は、視覚行動研究所のスポーツアイ検査を受診後、練習会に4H参加です。

毎月1回、新潟にお住まいの先生が、大阪と東京に出張されます。
その機会を狙って予約を入れておりました。

約1時間ほど検査の後、お話を頂きました。
私の目の特徴は、軽い近視と、寄り目タイプ。
このタイプはある特徴があります。

おおよそそのほかのタイプの2つに分類されるようですが、どちらが優れているとかそういうことではありません。
その特徴を踏まえたうえで、ある程度の訓練で、スポーツに適した目の使い方にならしていくという感じでしょうか。

自分の眼の特徴を把握できたこと、自分の特徴に合わせた訓練方法が分かったこと。
また、自分なりですが、テニスにおいての気を配る点はっきりしてきました。

このところの仕事後の最近の肩こりの理由なども分かりました。

ありがとうございました。
訓練後に、また期間をあけて受診してみたいと思います。


さて、練習会です。
東名の自己渋滞のため、少し遅れての参加です。

前回の試合の反省結果と、今回の眼の検査結果を踏まえ、早速練習に取り組みます。

自分で意識的にプレーに入る前に導入するように、パターンを作らなければなりません。ともすると、前の状態にすぐ戻ってしまいます。
試合が多めで助かりました。

普段の練習は、練習のための練習になりがちなことを改めて実感。
いかに試合向きの導入パターンを作ることと、それらを意識して行っていくか。

意識して取り組むことが、すぐ外れてしまいます。
訓練が暫く続きそうです。


今日はこんなところで。


以下防備録

ストロークを練習しました。
今思えば、ラリーのペースを抑え目にスイングしていました。
飛びが出るために上体の動きが主になっていたかもしれません。


スマッシュ
前向き。
振り子のリズム。
ちょいよけ。
軽くステップで腰低く。


狙うことばかりで、自分の体制が把握できていないのが一番いけません。
今回は特に足場が悪かったので
以前、BTLで習っていたことが生かせていないことがはっきり感じられます。
私の場合には、その点が一番大切な課題であると感じました。

-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/16

平成25年9月16日バックハンドの考察

今日は、バックハンドの自分のおさらい。

松原雄二コーチのブログをいつも拝見しております。
その際に思い出したことがあります。

どうも最近しっくり来ない。
振りにくいのだ。

面の上向き。高さは高めにして、遠めにグリップの位置をセットしていたのだが、腕が伸びて面の向きが横に向いていたように思う。
伸ばしておくと右手が微妙につらいので、振り出しの際にスッと振り出せない。
多分かる~く右肘を曲げておいて、楽な姿勢にしておいたほうが良いかなと思い至った次第。

面を感じながら早速練習してみたくなりました。
・・ともあれ、来週までお預けですね。

ということで、次回取り組むこと。
・目の使い方。
・バックハンドの面の向き。
 (特にセット時)
・打つときに飛び上がらないように。
・通常よりも気持ち膝を曲げて。


-------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

ストロークのドライブのかけ方(自分メモ)

大変ご無沙汰しております。

練習量がかなり減っており、思うような練習ができていませんが、
不調のストローク改良計画でやっとわかってきた?ことを
記しておきます。


ストロークのドライブのかけ方。
(フォア、バック共通)

①インパクト時の位置と面の角度をよくよく確認しておくこと。
 単純に、高い打点は厚く握り前で撮ること。
 要するにインパクト時に面が上を向いていないこと。
 これがオーバーしないための保険です。

 特に私は薄いグリップから厚いグリップに握り替えている途中ですので、
 高い打点の長年の面感覚を変換することに慣れが必要です。
 (手のひら感覚がパンチング感覚なもので、まったく新感覚です。)
 打球時の面の角度ができていれば、力がかかればかかるほど、絶対入ります。
 試合時にはこれは安心感にもつながりますし、大きいですね。
 ただし、インパクトの力が一定以上ないと生かされません。

②球をブラッシング
 球の下のほうから上に。ブラッシングするように。
 球筋をイメージした上ですと、ラケットの軌道をイメージしやすいようです。

 ただし、フォローするのイメージは、肘からのワイパーではなく、
 極端に言うと、肩軸のひねりパンチです。
 力を抜いた軽いコークスクリューパンチかな。

③腰をあわせる
 球をブラッシングする(インパクト)タイミングにあわせて、たとえ少しでも良いので、
 腰をくるっと回すことです。
 このインパクトフォースの出し方が肝です。
 テニスを習い始めた頃に女性の巧者の方に習った「独楽のように体を回す」
 の意味が、やっと捉えられた気がします。

④腰を回すためには
 姿勢を下げる。これだけ。
 自然に足捌きができてます。

 あとは、体を使うために、腰の両サイドと肩の位置を意識することです。
 手に道具を持つため、どうしても手やラケットに意識がいきがちですが、
 体(骨)の使い方ができてないと何事もうまくいかないようです。
 これが、「コツをつかむ」ということのようです。

・・サーブとボレーは大体安定しているので、これでストロークを
安定できれば、後はスマッシュかな。

スマッシュもなんと~なく、やっと判ってきたので、後日に記してみたいと思います。

今日はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

ダブルスでいつも気をつけていること

先日(平成18年8月10日の練習)のときに質問を受けたのを機に、ちょっと書いてみます。

前衛
(ポジショニング)
・立ち位置はシングルスコートの中央。
・後衛の配給がクロス(サイド)に配給されているときはサイドケア。
・ロブなどでストレートに球が配給されたときは2人でセンターケア。
これでコースを塞ぎます。
前に詰めたり下がったりは、球の深さや相手の詰めなどを参考に流れを見て行います。
試合中にそれほど複雑なことは考えていません。単純なほど効果があると思うほうがよろしいかと。

後衛
(ポジショニング)
前衛で一番攻撃的なパターンは、ロブもしっかり前衛が下がってスマッシュすることですが、我々のレベルでは抜かれることが多いので、ロブが上がってきたらケアすることをしっかり念頭においておきます。
その球をどう処理するかが結構大きなウエイトになると思います。

配給
クロスラリー
・まずはしっかりとした球を打つこと。そしてその次にネットの上に通す球の高さに気をつけます。
球のペースやドライブ、スライス、ロブ、アングルなども混ぜつつ、チャンスボール(高い打点)を作り、その上で叩いて。
そして前に詰めるときに「1stボレーをしっかり処理する」ことに気を配ります。
ボレー
・同様に、ネットより低い位置で打つと、先ずはボールがネットを越えていかないといけないため、強い球は打てません。
・球を先ずは浮かさないこと。
・ペースをわざと落として深く打つ。
そうすることで自分の時間を作ります。

基本的な作り方
・攻撃的な球が打てるのは(高い打点)です。その先手を取るためには「そういう状況や球を作り出す」ことを考えます。
 そのためには、「相手のポジションを崩す」ことや、「1球相手にロー(低い打点)を取らせる」などすること。
 そうしてチャンスボールを作りだすことを考えていきます。
・相手のいない場所を抜くのではありません。上手くなればなるほど抜く場所などありはしません。
 コート全面を使って相手に低い位置で打たせる事です。
 上級者でも比較的難しい打点、ノーバウンドで相手の正面、膝の高さで取らせることです。
・そこまで出来てくると、最終的な課題としては、ロブの処理という点が浮き彫りになってくると思います。

自分(ペア)が厳しいとき
・どんなに上手い相手でも後ろに下がるときにポジションに隙が出来ます。
 単純にロブを奥の中央に上げてやることです。
 二人ともケアに動くはずですので、次打に必ず活路が開けると思います。
 (ただしこの時に自分の引出しが少ないと対応できないかもしれません。)
・ショートアングルを打つことができれば、比較的攻撃的に相手のポジションが崩せます。
 落ち着いて真中を抜きましょう。
・ロブで逃げるしかなかった場合、もし少しでもコントロールできるのならばチャレンジするべきことがあります。
 相手のバックハンドはいボレーの位置に中ロブです。
 それほど練習するショットではないので、平凡に返してくることが比較的多いです。


今日はこんなところで。

--------------------------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
日本片手バック保存の会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/17

練習の一つの考え方

先日のとあるサークル合宿の際に、夜の雑談でおききした?
(おろ?昼間だったかな?まちがえたかな・・・。)
のことを一つメモしておきます。

ある全日本プロといつも練習していた、ある方との会話です。
(そういうレベルの練習の時に、その方にお聞きして思わず納得した、一つの考えかたなのだそうです。)

練習は、たとえ弱い方と打つことになっても、その人の考え方と取り組み方一つでなんとでも変化します。


例えば、お相手の一番得意な球、確実な球を配給して、ナイスショットをたくさん打ってもらいます。
それを頑張って拾うのです。
その時は負けても構いません。「いやー参った。いい球ですね!」ってことで別によいのです。
そういう一番厳しい球を返球できるようになること。そして、コントロールすることを養うのです。

そして、ある機会に、いざその方と対戦したとします。
その時には、その方の一番得意な球に打ちなれていることになります。
・・・わかりますよね。

練習の時は、勝てなくとも良いのです。
強い人と練習することはもちろんのこと、そういう配給で厳しい球に対応することを考えて練習していくことです。
負けても良いので質の高い練習を自分で考えて作り出すんです。

・・・それも相手に分からないように。失礼のないように。


今日のところはこんなところで。
-----------------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)