2018/02/16

平成30年2月16日練習

2月16日(金)は、金曜練習会に参加させていただきました。
いつもありがとうございます。

フォアハンドで素振りして思ったことの練習です。
単純に外から引っ張り込む。
その際に少し手首がスナップする。これだけ。
うまく行ったと思います。

バックハンドは足がしっかりできれば打てている。
ところが後半崩れる。

なにかと思い思案。手首の角度が甘くなっている。
グリップの確認で安定したと思います。
そして、ラケットを立てる。
スイングはグリップを引き出して来るわけですが、下から入る。これは、回転を安定してかけるためですね。

安定と回転の要素は、フラット目に入らないこと。
手首の感覚をしっかりして、きっちり取り組んでみたいと思います。

フォアの高い打点も単純に引っ張り込み。

サービスのバンザイした時の、左腕~~右腕!のときに少しヘッドを前に倒してみたらうまく力が伝わっている感じがしますので、その点は採用します。


バックハンドは、軸回転の横振りになりやすいので、しっかり縦を意識して。
基本を外さないように。
前足の踏み込み。離した位置からの腰回転、肩甲骨をくっつけるつもりで体の軸を作り、体の動きを止めて腕振り。

目の使い方を忘れない。

今日はこんなところで。


以下忘備録

バックハンドは、少し回外を使うつもりでいきます。
ここで思い出したのが、手首の角度を維持してグリップをしっかり握る。
すると力が上に逃げていくこと。

高い打点にもこれで対応。
迷いなく振り抜くことが大切。

まずは、足腰の準備としっかり縦の腕振りを意識したいと思います。
手首はしっかりと握る。

習った基本を踏まえながら、少し余裕があればだんだんと引きを大きくしていくこと。
いずれにしても回転を重視。上に抜くこと。
ダブルスで振られても腕振ることを意識して。

基本的に習ったことを素直に反復練習することに主眼を置きます。
全体の打ち方がすっきりした関係で、ミスも少なくなりましたが、ほぼすべての修正を経て、忙しくて練習できず、4回目です。
感覚をリセットして慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。


フォアのスイングでは、手首の力を抜かない。
腕力。しっかり振り抜く。
力を抜いてヘッドを走らせるのではなく、しっかり握って。
手首の角度を結果的に行うのは回内方向の動きのみ。
少しは力に負けるのでヘッドの押し方向も入る。


サービスはもう少しトスの習熟が必要です。
一人で練習したいと思います。
ラリーも今度はコートを取ってコソ連が必要です。


今日はこんなところで。


-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/11

平成30年2月11日練習

2月11日(日)は、日曜練習会です。
仕事のあとに遅れて練習会に参加させていただきました。
いつもありがとうございます。


バックハンドは、少し回外を使うつもりでいきます。
ここで思い出したのが、手首の角度を維持してグリップをしっかり握る。
すると力が上に逃げていくこと。

高い打点にもこれで対応。
迷いなく振り抜くことが大切。

まずは、足腰の準備としっかり縦の腕振りを意識したいと思います。
手首はしっかりと握る。

習った基本を踏まえながら、少し余裕があればだんだんと引きを大きくしていくこと。
いずれにしても回転を重視。上に抜くこと。
ダブルスで振られても腕振ることを意識して。

基本的に習ったことを素直に反復練習することに主眼を置きます。
全体の打ち方がすっきりした関係で、ミスも少なくなりましたが、ほぼすべての修正を経て、忙しくて練習できず、4回目です。
感覚をリセットして慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。


フォアのスイングでは、手首の力を抜かない。
腕力。しっかり振り抜く。
力を抜いてヘッドを走らせるのではなく、しっかり握って。
手首の角度を結果的に行うのは回内方向の動きのみ。
少しは力に負けるのでヘッドの押し方向も入る。


サービスはもう少しトスの習熟が必要です。
一人で練習したいと思います。
ラリーも今度はコートを取ってコソ連が必要です。


今日はこんなところで。


-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/21

平成30年1月21日練習

1月21日(日)は、日曜練習会に参加です。

軽くラリーをしてからのダブルスの試合。
前回の17日に習ったことを反復練習することに主眼を置きました。
全体の打ち方がすっきりした関係で、ミスも少なくなりましたが、ほぼすべての修正を経て2回目ですので、感覚をリセットして慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。

バックハンドはすごく安定してきたと思いますが、準備としっかり縦の腕振りを意識したいと思います。
今まで取り組んできた部分の準備の肘の曲げは採用。
手首は固定で回転がかかる。コネないということ。
構えの位置が低めでも打てるようになりました。


フォアのスイングで力を抜いてヘッドを走らせる方法はしばらく封印します。
バックのスイングも非常に力が伝わりやすく、意識して回転を掛ける。縦スイングをしっかり身に着けていきたいと思います。


習った基本を踏まえながら、少し余裕があればだんだんと引きを大きくしていくこと。
いずれにしても回転を重視。上に抜くこと。
ダブルスで振られても打球の威力と回転が安定してきました。


サービスはもう少しトスの習熟が必要です。
一人で練習したいと思います。
ラリーも今度はコートを取ってコソ連が必要です。


今日はこんなところで。


-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/12

平成30年1月12日練習

1月12日(日)は、金曜練習会に参加です。
入念に体操して始めます。
氷点下の気温でしたので、咳と鼻水が。
無理したらいけませんね。


練習の課題

フォア
体の向きはほぼ意識していない。
最終的には腕を振る。
手首で作るわけではないが、腕を振る感覚。

高い打点は腕力。
リバースサーブのイメージで思い切って腕振り。


バック
横向き、ステップ、打点。
腕の振り方を重視。

面が軽く上を向く感じで自分から見て30度ぐらいでしょうか。
手が顔の前で、上腕の上げ具合にリンクするUの字の感じ。
(この構えで肘が軽く曲がっていること)
そこから振り出して(頭の後ろを通る感じでヘッドを下に落として)、インパクト。
グリップが決まっていれば、あまり面を立てることを考えすぎなくてもよい。
高い打点だけ、面を立てるようなイメージ。
余計な思考が挟まらなくなり、より楽に振り切って打てる。
軽く前腕の捻りも入れると、より回転がかかる。バックハンドワイパー。

フォアもバックも感覚的には腕振り。
だからこそ、走らされても打てる。


サービス
トスの位置、肩の線を使う、打球時に打点に対して正面向いて腕振る。
トスの位置は、左足と左手が前ならえ。同じ向き。
トスを上げたら、打点は頭の気持ち後ろ。軸の後ろで。
肩の線を使い、腕振る。


ボレー
手首の角度をキープ。
フォア
基本的に肩の軸を中心とした鳥の羽ばたき。
余裕があれば肩の線を少し横向き。
(肩の線を横向きありきだと間に合わない。)
打点に対して正面向く程度。
スイングが大体正面へ向けて振られる。

バック
面を立ててえぐるように引く。
前でとらえる。


5名で寒いので、4ゲーム消化。
ボールが飛んでいかない。飛んでこない。
意識的に無理ない範囲でバックハンドを多用しました。
調子よかったので、この考え方で行きたいと思います。
もう少し練度を上げていきたい。

調子よく目の使い方にも集中できていた。
1回休みの時は体を冷やさないように注意。
ストレッチを入念に。


フォアは問題ない。
バックは、準備の腕の位置が重要。
面が軽く上を向く感じで自分から見て30度ぐらい。
手が顔の前で、上腕の上げ具合にリンクする感じ。
手が顔の前に来ると肘が軽く曲がる。
縦の落差も出て、ぶっ叩くとしっかり回転がかかる。
これをクセにしたい。
構え、前足、打点のタイミングも重要。

練習の時も目の使い方を利用して、少しでもラリーを長く繋げて、ラリー経験を増やす。
ありがとうございました。


今日はこんなところで。


以下忘備録

バックでは、面が軽く上を向く感じで自分から見て30度ぐらいでしょうか。
手が顔の前で、上腕の上げ具合にリンクする感じ。
そこから振り出して(頭の後ろを通る感じでヘッドを下に落として)、インパクトに向けて面を立てるようなイメージ。
面が立つことを考えて振ると、面が出来て、軽く前腕の捻りも入っているのでしょうか。振り切って入っています。

フォアの高い打点では、リバースサーブのイメージで思い切って腕振り。
結構よかったかも。
体を使おうと思ってもうまくいかないので、思い切って腕振りしたほうが簡単だったようです。


-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/07

平成30年1月7日練習

新年あけましておめでとうございます。
1月7日(日)は、日曜練習会に参加です。
本年の打ち初めです。

咳はだいぶ抜けてきましたが、副鼻腔炎になってしまい、お薬もらいまして長引いてます。体操もそこそこで軽いストローク練習。

練習の課題

フォア
体の向きはほぼ意識していない。
最終的には腕を振る。
手首で作るわけではないが、手を振る感覚。

高い打点は腕力。
リバースサーブのイメージで思い切って腕振り。

バック
横向き、ステップ、打点。
腕の振り方を重視。

面が軽く上を向く感じで自分から見て30度ぐらいでしょうか。
手が顔の前で、上腕の上げ具合にリンクする感じ。
そこから振り出して(頭の後ろを通る感じでヘッドを下に落として)、インパクトに向けて面を立てるようなイメージ。
面が立つことを考えて振ると、面が出来て、軽く前腕の捻りも入っているのでしょうか。振り切って入っています。

サービス
トスの位置、肩の線を使う、打球時に打点に対して正面向いて腕振る。
トスの位置は、左足と左手が前ならえ。同じ向き。
トスを上げたら、打点は頭の気持ち後ろ。軸の後ろで。
肩の線を使い、腕振る。

ボレー
手首の角度をキープ。
フォア
基本的に肩の軸を中心とした鳥の羽ばたき。
余裕があれば肩の線を少し横向き。
(肩の線を横向きありきだと間に合わない。)
打点に対して正面向く程度。
スイングが大体正面へ向けて振られる。

バック
面を立ててえぐるように引く。
前でとらえる。

バックハンドのストロークの時に腰に力がかかりすぎたか。
少し右側の背筋が少し痛めてしまいました。


体が温まっていたので違和感がありながらもそのまま、ダブルスの試合を2試合。
試合は、ミスらしいミスもほとんどなく打ててました。
目の使い方も入れています。
フォアもバックもミスが少なかった。

一度お休みをいただき、ゲームに入りますが、先ほどより体が冷えて腰の痛みが増しています。
ほとんど身動き取れず完敗。
まいりました。

お休みをいただいて、鞄の中に入っていたエアーサロンパスを使い何とかしのぎます。
今日は最後の1Hは2面。
練習コートになったので、試合はお休みさせていただき、ストローク練習をさせていただきました。

痛みも治まってきて、良い練習になりました。
ありがとうございました。

フォアは問題ない。
バックは、準備の腕の位置が重要。
面が軽く上を向く感じで自分から見て30度ぐらい。
手が顔の前で、上腕の上げ具合にリンクする感じ。
手が顔の前に来ると肘が軽く曲がる。
縦の落差も出て、ぶっ叩くとしっかり回転がかかる。
これをクセにしたい。
構え、前足、打点のタイミングも重要。

練習の時も目の使い方を利用して、少しでもラリーを長く繋げて、ラリー経験を増やす。
ありがとうございました。

今後は、ラリーの練習機会を増やしたい。
そして、少し歩くだけでは足りないので、走ろうかと思います。
なお、練習前は準備体操を怠らないこと。

今日はこんなところで。


以下忘備録

バックでは、面が軽く上を向く感じで自分から見て30度ぐらいでしょうか。
手が顔の前で、上腕の上げ具合にリンクする感じ。
そこから振り出して(頭の後ろを通る感じでヘッドを下に落として)、インパクトに向けて面を立てるようなイメージ。
面が立つことを考えて振ると、面が出来て、軽く前腕の捻りも入っているのでしょうか。振り切って入っています。

フォアの高い打点では、リバースサーブのイメージで思い切って腕振り。
結構よかったかも。
体を使おうと思ってもうまくいかないので、思い切って腕振りしたほうが簡単だったようです。


-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/24

平成29年12月15日、17日、22日練習

12月15日(金)は、金曜練習会です。
今回は、目の使い方を中心に練習を組ませていただきました。
ラリーが良くつながって、シングルスの試合も調子よかったのですが、途中で咳がひどくなり、途中退散しました。

17日(日)は日曜練習会でダブルスの試合中心でした。
ちょっとバックの調子がいまいちでしたが、試合を全般に楽しませていただきました。
ありがとうございました。

22日(日)は、金曜練習会です。
途中で咳がひどくなってしまいました。空気が寒いせいでしょうか。
前半はストローク中心の練習で、30分程度。

バックでは、面が軽く上を向く感じで自分から見て30度ぐらいでしょうか。
手が顔の前で、上腕の上げ具合にリンクする感じ。
そこから振り出して(頭の後ろを通る感じでヘッドを下に落として)、面を立てるようなイメージ。
面が立つことを考えて振ると、面が出来て、軽く前腕の捻りも入っているのでしょうか。振り切って入っています。

フォアの高い打点では、リバースサーブのイメージで思い切って腕振り。
結構よかったかも。
体を使おうと思ってもうまくいかないので、思い切って腕振りしたほうが簡単だったようです。

今週末はクリスマスイブということもあり、テニスは自重しました。


今日はこんなところで。

-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/03

平成29年12月1日練習、3日練習

12月1日(金)は、いつもの金曜練習会に参加です。
ありがとうございました。

サービスとバックハンドの調整です。

サービスがミスが多かった。
肩の線の使い方がおかしい。
ステップをクローズに戻すことにします。
左足と左手が同じ向きに。右足は一歩下げるいつもの調子。
戻ってきました。


バックハンドですが、
Uの字はフラット方向に走る。
上向きの動きは、手首をこねすぎないように。
イメージとしては、打球時に右に引く方向。
面を滑らせる感じ。


3日は、いつもの日曜練習会に参加です。
いつもありがとうございます。

少し遅れて参加。練習無しでいきなり試合です。
サービスは調子よい。

バックハンドは面の向きと押しすぎないことが大切。
そこが狂うと、回転がかからず吹っ飛ぶ。
グッと握ることが必要なので、若干疲れる。

スマッシュがちょっと調整が必要。
ロブの読みが甘い。
自分のちょっと上後ろに抜けるような球のほうが打ちやすい。
予想より前に落ちると手首を後ろに折って逃げる場合あり。

フォアはまあまあでしょうか。
全体的にフォアバックともラリーしたいですね。

目の集中はちょっと外れ気味。
もうちょっと頑張りたい。

今日はこんなところで。

-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/19

平成29年11月17日練習

11月17日(金)は、いつもの金曜練習会に参加です。
日曜がイベントがあったようで、取れずに振替となりました。
ありがとうございました。

今回は、いろいろあり遅れての参加です。
ボレーボレーからラリーとサービスリターンで、4ゲーム消化のゲームとなりました。

今日もバックハンドの調子を最初のラリーで調整。

今回は、
・手首の角度を保つ
・ラケットヘッドを膝の高さを通過している
この2点を意識しました。

回転がかかっているのが球の軌道で判る。
フォアもそうですが、インパクトで合わせる際に、ラケットヘッドが下がっていることが大切です。これにより縦回転がしっかりかかる。
受動的回内回外でしょうか。
そしてUの字のスイングで、ヘッドがさらに加速する。

感覚的なところがあるので練度を高めていきたい。
体の向き、ステップはあまり考えなくてもできている。

ショートクロスは、通常スイングをしながら、打球時に横に手を持っていくイメージ。
肩甲骨を引くという感じか。
この辺りはもっと練習したい。


フォアボレーは、手首の角度に気を付けて。
ラケットヘッドだけを体に寄せて。
後は鳥の羽ばたき。

サービスは、
・着弾点をグッと意識して。
・バックハンドイースタンできっちり握る。
・今回は、回内ではなく、内旋を意識する。

スイング時に内旋を意識することで、ラケットヘッドが肩の線を使うと振り子の外旋となり、しっかり下がっているようだ。
結果、ヘッドが走っている。


目の使い方は忘れないこと。
ある程度スイングの注意点が掴めていれば、球筋のイメージでスイングは勝手に調整される。
内向きのスイングイメージから脱却しないと、いつまでたってもやり取りしている球のほうに気持ちが向かない。
試合では、揺さぶりに対応する動きがよくできて対応できていたので、良かったと思う。


今日はこんなところで。

-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/11

平成29年11月11日練習

11月11日(土)は、いつもの土曜練習会に参加です。
日曜がイベントがあったようで、取れずに振替となりました。
ありがとうございました。

今回は、ラリーを20分くらいさせていただいた後、4ゲーム先取の試合になりました。

今日もバックハンドの調子を最初のラリーで調整。
要するにうまくいかない理由は今こだわっている要素。
はまるときとはまらない時がある。

ラリー前に考え方の整理。
・まず離しておく。(このときに、考えなくとも軽く肘は曲がっているはず)
・改めて手首のチェック。
 手首のしっかり握って腹を詰める。
 意識をすると、肘も曲がっていることが自然に理解できた。
 調子の悪い時はストレートアーム過ぎる。
 このときに軽くUの字。
・ドライブは、下から上のラケット操作。
 高い位置から落として、ラケットヘッドが左ひざを通過すること。
 それよりも低い位置か、高い位置かでフラット目に振るかどうかといったところ。
 しっかり縦ぶりを意識するときのチェックポイント。
・バックハンドワイパーは、特に高い位置の緊急回避の球か、前に詰めた時のチャンスボールで使う。肩の線を回すだけの単純な横降り。
 その程度に思っておく。
・グリップをしっかり角度を保って握っていること。
 これで考えずに上方向のスイングが生まれる。
 常にトップスピンが大前提。
・試合の中で時間がない時は、途中をはしょる。
 手首の角度と肘の軽い曲がり。
 これができていれば、腰位置からの縦ぶり振り子で対処できる。


で、実践時の注意点。
今回は、手首の角度を保つ、ラケットヘッドを膝の高さを通過していることを確認。
この2点を意識しました。
これが良かった。

回転がかかっているのが球の軌道で判る。
安心して振っていけます。
フォアもそうですが、インパクトで合わせる際に、ラケットヘッドが下がっていることが大切です。
これにより縦回転がしっかりかかる。
そしてUの字のスイングで、ヘッドがさらに加速する。

感覚的なところがあるので練度を高めていきたい。
体の向き、ステップはあまり考えなくてもできている。


フォアボレーは、手首の角度に気を付けて。
ラケットヘッドだけを体に寄せて。
後は鳥の羽ばたき。

サービスは、
・着弾点をグッと意識してみたところ、簡単に入るようになった。
・バックハンドイースタンできっちり握る。
・今回は、回内ではなく、内旋を意識する。

スイング時に内旋を意識することで、ラケットヘッドが肩の線を使うと振り子の外旋となり、しっかり下がっているようだ。
結果、ヘッドが走っている。


回内は下腕の2本の骨がクロスする動きになるので、瞬間の動きに制限がかかりやすいのかなと思いました。
回外、回内の動きはフォロースルーで受動的になる程度にしませんと、打球時の衝撃であっという間に筋を痛めてしまいます。


目の使い方は忘れないこと。
ある程度スイングの注意点が掴めていれば、球筋のイメージでスイングは勝手に調整される。
内向きのスイングイメージから脱却しないと、いつまでたってもやり取りしている球のほうに気持ちが向かない。


今日はこんなところで。

-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/10

平成29年11月10日練習

11月10日(金)は、いつもの金曜練習会に参加です。
ありがとうございました。

今回は、クロスラリーとサービスリターン、ボレストの後は、4ゲーム消化の試合になりました。

今日もバックハンドの調子を最初のラリーで調整。
要するにうまくいかない理由は今こだわっている要素。
はまるときとはまらない時がある。

ラリー前に考え方の整理。
・まず離しておく。(このときに、考えなくとも軽く肘は曲がっているはず)
・改めて手首のチェック。
 手首のしっかり握って腹を詰める。
 意識をすると、肘も曲がっていることが自然に理解できた。
 調子の悪い時はストレートアーム過ぎる。
 このときに軽くUの字。
・ドライブは、下から上のラケット操作。
 高い位置から落として、ラケットヘッドが左ひざを通過すること。
 それよりも低い位置か、高い位置かでフラット目に振るかどうかといったところ。
 しっかり縦ぶりを意識するときのチェックポイント。
・バックハンドワイパーは、特に高い位置の緊急回避の球か、前に詰めた時のチャンスボールで使う。肩の線を回すだけの単純な横降り。
 その程度に思っておく。
・グリップをしっかり角度を保って握っていること。
 これで考えずに上方向のスイングが生まれる。
 常にトップスピンが大前提。

・試合の中で時間がない時は、途中をはしょる。
 手首の角度と肘の軽い曲がり。
 これができていれば、腰位置からの縦ぶり振り子で対処できる。

ほぼ復調したかな。(毎回書いてますが。)
感覚的なところがあるので練度を高めていきたい。
体の向き、ステップはあまり考えなくてもできている。


フォアボレーは、手首の角度に気を付けて。
ラケットヘッドだけを体に寄せて。
後は鳥の羽ばたき。

サービスは、スイングをあれこれ考えすぎた。
着弾点をグッと意識してみたところ、簡単に入るようになった。
ドライブとスライスで、ボールを触る位置関係を整理して打って練習。

目の使い方は忘れないこと。

今日はこんなところで。

-----------------------
人気blogランキング人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧